2017年映画!!


お久しぶりです。リベラル営業二年目の兼子です。
ブログ再開ということで、改めて宜しくお願いいたします!

本日は今年に入って観た映画の勝手な感想を書きたいと思います。

Too young to die

Too young to die
http://tooyoungtodie.jp/
75点
こちらクドカン作品の最新作なのですが、独特のギャグセンスと突拍子なストーリーは健在で、最後までトップスピードフルテンションな作品でした。
ただ、ストーリーがあまりにもぶっ飛んでいて自分がついていけない部分もあり総合75点!
あと音楽はめちゃくちゃかっこよかったです。そちらもチェックしてください!

ディストラクションベイビーズ

ディストラクションベイビーズ
http://distraction-babies.com/
50点
いわゆるバイオレンス系の映画なのですが、ただ悲惨な光景が続く映画です。
確かにかっこいい雰囲気はあるのですが(音楽が向井秀徳なのもナンバーガール好きとしては揺さぶられました)、雰囲気だけが先行しているようで少し物足りなさを感じました。なので50点。

ドントブリーズ

ドントブリーズ
http://bd-dvd.sonypictures.jp/dont-breathe/
75点
B級ホラー映画の中ではかなりビビった作品でした。
敵が盲目の老人で、元軍人。盗みに入った若者を、音を頼りにガンガンひっとらえていくという話なのですが、うまい具合に「音を出したら終わり!」という緊張感を演出しているなと感じました。
ハラハラドキドキしたいときにはおすすめです。ただ見終わった後の疲労は半端ないです。



以上です。

完全に僕の主観の総評ですが参考にしてもらえると嬉しいです!
今年はまだまだ見たい映画がありそうなので、その都度更新していけたらと思います!