リベラル最年少が選ぶグッと来た動画2019


こんにちは。営業1年目の川下です。西日がまぶしい季節ですね。

気づけば今年もあとわずかとなり、さらには2010年代も残りわずかとなりました。

2010年代は中学校~社会人を過ごした濃い10年間でした。多感だった(今もです!)時期、振り返りたいことは山ほどありますが、まだ後ろを見てはいけない年齢です。10代~20代初めでやらかしてきた数々の出来事を振り返るひとり反省会だけにとどめておきましょう。

さて、そんなこんなで2019年、令和の最初の年も暮れに差し掛かっているわけですが、2019年最後の僕の話題は、「グッと来た動画2019」です。今年僕が個人的に最もグッと来た動画を紹介します。先日14日に23歳になったばかりの僕が選ぶ、令和元年、一番グッと来た動画はこれです!!!!!!!!

 

先月にJR線と直通運転を開始した相模鉄道さんの都心直通プロジェクトの動画です。二階堂ふみさんと染谷将太さんが各時代の若者に扮して、各時代の相鉄線の車両に乗り合わせ、めぐり合うというストーリーとなっております。曲はくるり『ばらの花』とサカナクション『ネイティブダンサー』のマッシュアップで、歌っているのはyuiさんと、odolのミゾベリョウさんです。

以下、審査員によるコメントです。

「やっとに都心に進出できた相模鉄道さんの本気を感じました(23歳男性)」

「選曲が素晴らしいです(23歳男性)」

「二階堂ふみさんが大好きなので、これを選びました(23歳男性)」

「都心と神奈川だけじゃなく、各時代をつなぐってのがいいですね(23歳男性)」

「小道具一つとっても、きちんと時代背景を考慮しておりますし、何より二階堂ふみさんがお綺麗です(23歳男性)」

「このマッシュアップを考えた人、天才過ぎません?(23歳男性)」

 

審査員たち(?)がべた褒めのこの動画はキャスト、選曲ともに寿司と焼肉とピザを一気に食うような豪華さを持った動画といえるでしょう。

それではまた!

来年2度目の年男と本厄を迎える川下でした!!

サムネイル画像引用:相鉄グループ