2,500円のパフェを食べた日


こんにちは。

企画営業課4年目の小陳です。

この頃は暖かくなり、過ごしやすくなって嬉しいです。

年明けから緊急事態宣言で全然遊びに行けませんでしたが、やっと宣言も明けたのでコロナに気をつけつつ出かけたりしたいなあと思っています。

 

先日、2500円のパフェを食べに行きました。

めちゃくちゃ綺麗で美しくて、見た目も味も美味しくいただきました…。

いちごとピスタチオアイスのパフェです。

上に乗っているメレンゲが美味しかったです。

下部の透明な部分はゼリーでした。

うっすらワインのような味がしました。オシャレな味…。

私はお酒をここしばらく飲んでいなかったので、このゼリーで少し酔っ払いました。

 

その後、小籠包の3大名店の中華屋さんにいきました。

(名前は忘れてしまいました…難しい中国っぽい名前でした)

生地は薄めですがもちっとしていました。

 

まず生地を割って、中から溢れる肉汁を飲みます。

これがやばい、やばかったです。

美味しすぎて語彙力が足りなくなります。

美味しいお肉の油です。

お肉の肉感がとてもしっかりしている餡です。

 

何もつけなくても大変美味しく召し上がれますが、

生姜や酢醤油で時々味を変えるのもまた良し。

生姜との相性が抜群でした。

 

美味しそうなお酒も頼みましたが、

お酒耐性0になってしまったので

3口で顔が赤くなってしまい、飲み切れませんでした。

 

さらにその後居酒屋さんで生ハムいちごチーズを食べました。

この組み合わせこんなに美味しいなんて・・・今までの人生で知らなかったことを後悔しました。まこと恐ろしいです。

かかっているのはチョコではなくバルサミコ酢です。

見た目スイーツですが、お酒のつまみにめちゃくちゃ合う幸せハッピーな味です。

以前、生ハムマスカットチーズを食べましたが、それも最高でした。

甘いフルーツに、緩衝材のようなまろやかな風味のチーズ、塩分でピシっと締めてくれる生ハム。この3つは最強のトライアングルでした。また食べたいです。

 

お土産に高級チョコレートをいただきました。

クッキー生地にチョコレートがコーティングされたお菓子です。

チョコレートは硬すぎず柔らかすぎない食べやすく口当たりが良い、チョコが程よく染み込んでいる薄めのクッキーはサクと噛むとホロホロ崩れてチョコレートと口の中でまったり馴染んでつまり無限に食べれてしまうおいしさです。

抹茶味と普通のチョコレートかありました。柄もオシャ可愛い。

 

一人では絶対行かないお店ばかりだったので新鮮な出会いばかりで幸せでした。

外出することでこの歳になっても新しい発見があること、人生の彩りが豊かになること、この一年を越したからこそ痛感します。

今年の目標はたくさん友人と遊ぶことです。

昨年できなかったことを今年はできたらいいなと思っています。