抜け出せない、amazon生活。

amazon.co.jp

こんにちは。
コピーライター兼アマゾンプライム会員の安田です。

アマゾンとはもちろん、大手ショッピングサイトのAmazon.co.jp
プライム会員というのは、年会費を支払うことで「お急ぎ便」が何度でも無料で使える会員のこと。

さらに、「お急ぎ便」というのは午前中に頼んだ商品が、夜に届く即日に物が届くという便利なシステム。宅配便業者の配達時間が21時までなので、それまでに仕事で帰れなかった場合はコンビニ預かりに指定して、深夜でも取りに行くことが可能。本当に便利な世の中になりました。

そんな環境が整っているので、多くの買い物をアマゾンで済ましているのですが、先月の購入品を見ただけでも、

・本
・ブルーレイ
・飲料水
・ノートパソコン
・充電器
・ビール
・ウイスキー
・ケーキ(親族へのプレゼント)など

ざっと10万オーバー。(ノートパソコンがあるので。)

支払いもクレジットカードなので、購入額の合計に気付かず、請求が来てから驚くこともしばしば。

危険は危険なのですが、気になった商品をつい手に入れたくなるのも人間の性。
商品のレビューをチェックしていたら、ついクリックボタンをポチッと押して、購入してしまいます。

もちろん掲載されているレビューを鵜呑みにはしていません。どこがその商品の魅力なのか?自分の好みに合っているか?低評価のレビューやほかのサイトもチェックしながら、コピーライターなりに読み解いているつもりです。

でもやはり、消費者の声というのは強いものがありますね。コピーライターは、言葉で商品をよりよく見せて、読む人の説得につながる文章を書く仕事ですが、レビューにもたしかに、読む人を説得させる力があります。「説得力のある文章とは何か?」とレビューを読みながら考え、コピーに上手くいかせないか。そういう観点で見るのも、アマゾンの楽しみだったりします。

というわけで、このブログを書くために、再び今朝アマゾンに迷い込んできました。そして、先日イヤホンが壊れたので、新しいのをアマゾンでポチっとしてきたところです。笑