Amazonプライム・ビデオすごい!


バックオフィスの山下です。

ちょっと前にAmazonプライムで映画見放題・音楽聴き放題のサービス(プライム・ビデオ、Primeミュージック)が始まりました。

入っちゃってました、Amazonプライム。

Amazonプライムとは、3,900円(税込)の年会費で、買った物の配達が早く届けることができるようになったり、映画・音楽の見放題・聴き放題サービスが受けられるようになったり、kindleで好きな本を無料で読めるようになったりと、さまざまな特典を受けられる会員制プログラムのこと。

サービスが始まる前からプライム会員だったので、
追加料金なしで、映画も音楽も聴き放題の恩恵を受けられることに。
「やったね!」と思い、さっそくうっかりログインしたが最後、帰宅後から寝るまでAmazonのサイトにかぶりつき。

いやぁ、これ、超楽しい。
ホント便利。

これまではビデオのオンデマンドサービスって使ったことがなかったのですが、
一旦使ってしまうと、これ病みつきになっちゃいますね、これ。
特にプライム・ビデオには国内・海外の映画やドラマ、アニメなんかもあって、

「そういえば見たかったんだよね!(忘れてたけど)

という作品にいくつも巡りあえて、いまAmazon無双状態になってます。私の中で。

とは言うものの、最新作が豊富かというと実はそうでもなく、
過去の名作だったりちょっと前の話題作だったりとややクセのあるラインナップ。
有名な映画で見たくなるけれど、でもDVD買ったり借りたりするのもいまさらちょっとなぁ…(テレビでやってれば見るけれど…)
っていうラインの作品が揃っている感じです。

バック・トゥ・ザ・フューチャーとかミッション・インポッシブルシリーズとかE.T.とかゴッドファーザーとか…。
作品自体は知っているけれど、実はちゃんと見たことない人(私のように)にはちょうどいいラインナップです。
最新作を観たい方はNetflixとかも検討してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、いま熱視線注いでいるのは、Peeping Lifeと金田一耕助シリーズ(古谷一行版)、あと孤独のグルメ。ゆる~いアニメと、重~い横溝作品の空気感、そして深夜の飯テロ(笑)。

観たい物リスト。横溝作品のインパクト...

私のウォッチ・リストはこんな感じに。横溝作品のサムネがインパクト強い(笑)。

ほぼ毎日、見放題の作品が追加されていて、ますます期待できるプライム・ビデオ。
映画やドラマ、アニメもいいんだけど、
個人的にはミュージシャンのライブ映像を充実させてもらえるとなお嬉しかったりする。
A○B48的なアイドルもいいけれど…ぜひミュージシャンのライブを!
これから作品の充実に期待してますよ!Amazonさん!

……あれ、プライムミュージックのことについて書こうと思ったのに、
気がついたらプライム・ビデオの話になってました。
ミュージックについては、また別の機会にでも…!

それにしても、Amazonのサービスの拡充のスピードはすごいですね。
当初は創業者のジェフ・ベソスが本のネット通販をやっていただけなのに、
いまや世界規模で展開し、本や音楽、家電や服、生活必需品まで幅広く取り扱うようになりました。
顧客が喜ぶ・満足するサービスを追求し続けた結果が今の姿ということなのでしょう。
リベラルも広告制作において、クライアントの皆さんに期待の上を行くサービスをし続けられるよう、
変化に柔軟に対応していきたいです。