誕生日に思う、名前を付けるということ


バックオフィス山下です。

 

先週、誕生日を迎えました。

「この歳だし誕生日が来たからといって、ねぇ…」

と、普段は思っていた私ではありましたが、会社の同僚や友達からもお祝いをしてもらって、

「なんだかんだ言って誕生日はうれしいものだなぁ」

と、あっさりと手のひら返し。

いやー、みなさんありがとうございます。

プレゼント、まだまだ受付中です。(笑)

 

さて、そんな中、先日、『赤ちゃん名づけ男女年間トレンド』の2017年度版が発表となったというニュースを目にしました。

 

男の子の名前のトレンドは?

男の子は1位颯(はやて)くん、2位凛空(りく)くん、3位陽翔(はると)くん…

そして、「凛空」くんとともに初ランクインとなった「主税」くんは、赤穂浪士の大石内蔵助の息子「大石主税(良金)」の通称として有名です。官職名であり、伝統的名前がランクインしました。

 

女の子の名前のトレンドは?

女の子は1位紬(つむぎ)ちゃん、2位心桜(こころ)ちゃん、3位咲花(えみか)ちゃん…。

ベスト10のうちで、「心桜」「心陽」「凛」「凜」以外は今年初めてランクインした名前、つまり、昨年のランキングと半分は入れ替わっているということですね。

 

男女ともに今年のトレンドは?

男女とも、今年2017年の特徴は、一文字の名前が増加したこと。

昨年男女あわせて7件だった一文字の名前が、今年は、11件となりました。

出典:男の子の名前ランキングに「主税」君が初登場!『赤ちゃん名づけトレンドランキング2017』発表

 

以前、読みがわからない・複雑・当て字すぎるだろそれ!的なきらきらネームと言われた名前が脚光(?)を浴びていた時期がありましたよね。

あれから数年。さすがに落ち着いたのでしょうか。

パッと見では読みがわからなかった(私だけでしょうか?)名前もありますが、露骨に「果たしてその名前ってどうよ?」という名前は見受けれらなくなりました。

 

子どもの名前は、その名前を一生背負って生きてゆくもの。

字面だけでなく、音の響きや画数なんかも、決定するのに大きく影響するようです。

親の願いを込めてつけたその名の通りに、元気に育っていくといいですね。

 

名前を付けるといえば、自社も広告代理店。

ネーミングという名前を付ける仕事も手掛けています。

クライアントの商品やサービス名だって、その会社の子どもであり、大切な金のたまご。

ユーザーの手元に届く、使ってもらえる、メリットを感じてもらえるように、それこそ親が子どもの幸せを願うがごとく、あれこれと考えています。

最近だと、SNSでの拡散や検索上位表示を狙った、ちょっと変わったネーミングをつける戦略なんかもあったりもします。

 

名は体を表すという言葉の通り、名前はその商品やサービスを一言で体現します。

子どもの名前を決めるがごとく、社会に愛され、長く生きるネーミングを考えることができるよう、リベラルも常に一つ上を行く会社でありたいですね。

(自分、コピーライターじゃないんで、ネーミングはしないんですけどね/笑)