ドラクエ11を、プロジェクターを使って100インチの大画面でプレイしてみた。


100インチのスクリーンと42インチのテレビに囲まれて暮らしている、コピーライターの安田です。

正直、そんな生活をしていると、電気屋で「60インチの大画面テレビ!」をアピールされても、全然小さく感じてしまうくらい、ちょっとマヒしています。

そんななか、7/29(土)に、ドラクエ11がついに発売されましたね。一応、1~9までプレイしている身としては、とりあえずやっておかなくてはと、さっそく購入。

せっかくなので、プロジェクターを使って100インチの大画面でやってみました。

 

さすがにプレステ4にもなると、これ以上があるのかと思うほど格段に映像がキレイです。

それでも、相変わらず主人公はしゃべらず、ほかのキャラクターにも音声がないので、ゲームをプレイしている感覚はドラクエそのもの。

敵も定番のスライムをはじめ馴染みのあるキャラクターが登場し、街には宿屋・道具屋・武器屋・防具屋があるので、これまで平面だったドラクエの世界を、実際に冒険しているような気分になります。

戦闘シーンもよりリアルになっていて、キャラクターが機敏な動きまわりながら敵を倒すので、戦っている感触を得ながらプレイできます。

 

100インチの大きさで視界一杯にドラクエの世界が広がっているので、没入感満点。

アクションゲームのように動き回りながら、物語を進めていきました。

 

ただ、2時間ほど経過したくらいでしょうか。

 

酔いました。。。。

 

やはり、100インチの大画面のなか目まぐるしく移動すると、視点がぐるぐると回って気持ち悪くなりますね(笑)。

最近話題のVRもそうですが、迫力のある映像に対して、人間の目はなかなか慣れません。

もしかすると、小さいテレビのほうが良いのかもと感じましたが、やはり100インチじゃないと物足りない感もあり、難しい悩みですね。

ゲームとしてはやっぱり楽しいので、無理せずにのんびりやっていきたいと思います。目標は年内クリアですかね。ほどよく、頑張ります!