占いは信じますか?


こんにちは!社員旅行先で引いたおみくじが大吉だった企画営業課1年目の会津です。

みなさんは占いを信じますか?
占いといえば、2004年に大ブームを巻き起こした「六星占術」の細木数子、元お笑い芸人のゲッターズ飯田、手相占いの島田秀平などの方々が芸能界でも知られています。
朝の情報番組でも星座を順位付けした占いや女性誌の後ろのページには必ずと言っていいほど占いのコーナーがあり、私たちの生活に身近なものになっています。

占いのなかでも個人的に注目している手相!!をクローズアップしたいと思います。

【手相の起源】

手相は古代インドが源流であり、仏教とともに中国に伝わり、そこで易学を取り入れ発達したものが日本に伝わった。西洋手相術、東洋手相術、各流派がある。また、古代インドから中東アジアや、ヨーロッパにも伝わったが、手相や他の占いがカトリックの教えに反するという理由で弾圧を受けたため、ヨーロッパに普及したのは19世紀頃である。
引用:Wikipedia 手相

手相

よく台湾に旅行した際に占いの露店などをよく見かけたのでアジアが発祥かと思っていたのですが、インド発祥でしかも古代から占いは行われていたとはびっくりです。

〈左手と右手〉

左手と右手のどちらで占えばいいか悩むかと思いますが、一般的には左手で占い事が多く、左手は今現在(過去、未来も含む)、右手は生まれ持った素質を表すとされているそうです。

〈手相の基本的な七大線〉

手相を見る際の7本の線が基本的に占います。

  1. 生命線…健康全般
  2. 知能線…物事の考え方や適性
  3. 感情線…感情表現の豊かさ、喜怒哀楽の表し方
  4. 運命線…仕事運や社会運
  5. 太陽線…人気者
  6. 財運線…金運全般

これだけの線を覚えるのも大変…。そして知識もないのでアプリに頼ってみました。

島田秀平さんの【島田秀平 手相占いアプリ】

島田秀平さんの【島田秀平 手相占いアプリ】

こちらのアプリは項目ごとに自分の手相を見ながら当てはまると思う線に選んでいくだけで、簡単に自分の手相が診断できてしまうというアプリです。手相初心者の方でもすぐに利用することができます。

早速、自分の手相に当てはまる線を選んでポチポチと選択。診断結果は…

とても当たっている気がする!!!

仕事と才能の診断結果の欄に「アートやミュージックに携わるのが一番の適職だと思います」と書いてあり、今こうして広告業界で仕事をさせていただけていて良かったと思いました。

アプリですが、今回の占いで良い結果が出たので『占いは信じる!』に1票入れたいと思います。

占いの結果だけでなく、今年1年、仕事に邁進していきたいと思いますので宜しくお願い致します。