馬の名前を宣伝ツールとして利用してはいけない?珍名競走馬伝説。

競馬で馬の名前を宣伝ツールとして利用してはいけない?珍名競走馬伝説。

デザイナーIです。

クラシックの季節です。競走馬のネーミングの話。

美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長の持ち馬(父:Kitten’s Joy × 母:Blazing Bliss 母父:Honour and Glory)の名称登録が日本中央競馬会(JRA)に拒否されたらしいです。

その名は「イエスタカス」。JRAとしての回答は「特定の個人・団体名など宣伝(営利)目的のような馬名は禁止」とのこと。

当人は「頭にきたぜ!馬主会やめてやる!」と怒りをあらわにしたそうです。

さらにJRAの要求として「三つの候補を」ということで、「イエスタカス」「イエスイエスタカス」「イエスタカスイエス」の3つを申請したようです。これは高須クリニックのCMでお馴染みのフレーズ「イエス!高須クリニック」からとった事が想像できますね。

所有する馬の名前も自由に付けたっていいのではと思ったりする自分。公の場で走らせる馬はある意味宣伝ツールとしては効果的なのでは?それを利用することがなぜいけないのか。

調べると、他にも様々な馬名に関する規約はあるらしいです。

  • 一着(イッチャク)とか三着(サンチャク)とか、そういった競馬用語もだめ
  • クロやシロなどの色もだめ。騎手の勝負服の色と相まって、混乱をきたす可能性があるものもだめ
  • G1レースを制した競走馬と同じ名前を付けることはだめ

このへんはそりゃそうだ。と思う。

  • キングやタロウなど男性を連想する単語を牝馬(メス)につけたり、ヒメやレディーなど女性を連想する単語を牡馬(オス)につけたりするのもだめ。

なんか微妙なところ。

実際にいた馬名に関しては、

「ハシッテホシーノ」
タレントのほしのあきが名付け親ということで、何度かテレビ番組で紹介されたことのある競走馬

「ステキシンスケクン 」
読んで字のごとく、あの島田紳助が名前の由来。馬主さんがご友人だそうで、名前をつける際に、ご本人から承諾を得て命名したそうです。今回の騒動に被りそうなところですが…。

 

最後に珍馬名集めました。

ムーミンパパ

スゴウデノバケンシ

シシャモムスメ

ヨルノテイオウ

ヨジゲンポッケ

ビビデバビデブー

メッチャハヤイ

ミスドーナッツ

オトコノユウジョウ

イヌノサンポ

ハクバノオウジサマ

ヨバンマツイ

サンバンナガシマ

エースデヨバン

チュウシングラ

タケユタカ

オジサンオジサン

オバサンオバサン

イヤダイヤダ

ゲンキナシャチョウ

タコ

コレデイイノダ

タマゴカケゴハン

ナンデヤネン

ドンダケー

ナゾ

コワイコワイ

ちなみに、「イエスタカス」になるはずの2歳馬は2014年11月8日に新馬戦にて快勝していました。結局「ダッシングブレイズ」という名前で出走していたようです。しかし、シンザン記念(G3)でも1番人気で4着。500万も勝ちあがれず。クラシック路線には乗れなかったようです。