先入観を覆すお茶


営業1年目の川下です。

社会人になって3か月。時間の速さが少しずつ速くなっていくような気がするこの頃です。公私ともに様々な方と出会い、様々なものに触れてきましたが、数ある出会いの中でも、自分の固定概念や先入観を覆したりしてくれる人、ものとの出会いにはいつも驚かされてしまいます。

 先日、そんな出会いがありました。

木のトレーの上に置かれた鮮やかな紫色の飲み物。
実は「サンルージュ」という名前の、鹿児島県徳之島原産の日本茶なんです…!
このお茶にはアントシアニンが含まれており、それゆえこのような色となっています。

日本茶の固定概念が覆されました…。

ちなみにこのサンルージュ、淹れ方や飲み方次第で色が変わります。
レモン果汁を入れるとレモンの酸性に反応して明るいピンク色になるのだとか…。
見た目も衝撃的ですが、気になるのはそのお味です。口に含んだとたんに不思議な風味が広がります。しかしその後にはしっかりとお茶の味がやってきます。少し渋みが強いお茶、といったところでしょうか。

このサンルージュはINARI TEAという恵比寿にあるお茶専門のカフェでいただくことができます。右の富士山の狐のかたちをしたお茶うけは手作りなのだとか。昼はカフェですが、夜はバーとなり、お茶のカクテルも楽しめます。

今回ご紹介したサンルージュ以外にもINARI TEAでは九州の日本茶をそろえております。
埼玉出身の僕は「日本茶といえば狭山茶だ」と幼いころより教え込まれたので、九州のお茶との出会いは新鮮なものでした。余談ですが、日本に流通している日本茶の茶葉の8割は福岡原産の「やぶきた茶」なのだとか。
まだまだ知らないことだらけだな、と自分の無知を知った昼下がりでした。