歩くだけの海外旅行!!!


営業1年目の川下です。2回目のブログとなります。
2回目のブログでは、僕が旅行をしたときの話を綴ります。

今年の3月上旬、僕はインドネシアへ行きました。インドネシアといっても、バリ島のようなリゾート地に行ったわけではありません。インドネシアの首都であるジャカルタに行きました。

高校のホームステイ以来、久しぶりの海外でした。出国と入国でいつも戸惑う…。

滞在したホテルから見たジャカルタの景色です。

大都会ですが、まだまだ建設中の建物がありました。
ジャカルタはちょうど雨季で、日中は晴れていたのですが、真夜中になると激しい雷雨が降ります。ジャカルタに住む方はこの時期毎日眠れるのでしょうか…。

 

ジャカルタの道路事情ですが、オートバイが圧倒的に多いです。Uberというオートバイのタクシーが安くて人気のため、数多く走っています。日本ではウーバーイーツのほうが有名ですね。ちなみに、ジャカルタは歩行者優先の概念がなく、歩行者は間を縫うように道路を横断していきます。何度も轢かれそうになりました。

ジャカルタから電車で40分、ボゴールという町です。オートバイとバジャイと呼ばれる三輪タクシーが走っていました。ジャカルタの中心地は大都会でしたが、街はずれになるとこのようにのどかな風景が広がります。ちなみに僕はここで屋台のよくわからない食べ物を押し売りされ、さらに現地の子供たちに韓国語で話しかけられました。海外を旅しているとよくあることです……。

高校生以来の海外旅行は、3日間ただただ街を歩くというシンプルな旅行でした。リゾート地、観光地で遊ぶ旅行とはまた異なったものでしたが、インドネシアの、そしてジャカルタの素の姿をみてきました!!!