20代女子がおひとりさま仮面ライダーショーを楽しんできた結果


こんにちは。
アシスタントデザイナーの外山です。

前回、前々回とマラソンの話題を出しましたが、
今回はマラソン大会前日に何をしていたかのお話をします!

今思い返すと…マラソン完走の秘訣は、前日に
「仮面ライダースーパーライブ2016」
を観に行ってモチベーションを上げたことです!!

仮面ライダースーパーライブ2016公式サイトはこちらです。

近年、私の中で仮面ライダーブームが来ています。
とくに、アクションシーンが大好きです!
約一ヶ月前、デザイナーKさんから、こんなのあるよーと紹介してもらったのが
「仮面ライダースーパーライブ2016」でした。

仮面ライダースーパーライブ2016のサイト

話によると、今活躍中の仮面ライダーほかに、
歴代のライダーも出てくるらしい。と聞き、興味津々に!

でも、人気でチケットとれないだろうなあ…と思い、あきらめモードだったのですが、
やっぱりマラソンの前日にテンションを上げておこう!と思い立ち、
ホームページに飛んだら、なんとチケットが手に入りました!

ヒーローショーなんて何年ぶりだろうか…!
絶対に会場内でイタイ大人になってしまう!と思ったので、
こどもたちの邪魔にならないよう、なるべくおとなしく過ごそうと心に決めました。

数日間マラソンと仮面ライダーのことでドキドキわくわくしっぱなしでした。

そうして、仮面ライダースーパーライブ当日(マラソン前日)
会場は神奈川県民ホール。
会場までの道のりをちゃんと把握していなかったのですが、
仮面ライダーの格好をしたこどもたちについて行ったら
すぐに到着しました。
ありがとう、こどもたち。

会場に入ると、あたり前ですがこどもだらけ!
自分と同世代くらいの人もちらほらいましたが、皆友だちと来ているようでした。
どうやらぼっちは私だけのようです。

ヒーローショーというと、私がこどもの頃は遊園地の広場やステージで行うものというイメージでしたが、
今では屋内ステージでやるのがあたり前みたいです。
その方が設備が整っていて、音も響きわたるのでいいのかもしれません。

会場に入ると中央ブロックの端っこの席でした。
後ろは通路になっていて、気兼ねしない席でラッキーでした。

開演!

まずはじめに、司会のおねえさんが登場。
「みんなーーー!こーんにーちはーーー!」

会場のこどもたち
「こーんにーちはーーー!」

と、お約束の挨拶と公演中の注意事項を話すおねえさん。
最後にこんなお知らせを言い残していきました。

おねえさん
「みんなー!ライブの最後に仮面ライダーと握手したいおともだちは、
この公式パンフレットか
お楽しみ袋(2,000円・数量限定)を買ってネーーー!」

こどもたちにモノを売りつけるおねえさん..........

私の心の声
(まじか!)

おねえさん
「みんなーーー!信じてるよーーー…!」

おねえさん退場。

握手するにはグッズを買うことが条件なんて、アイドルみたいだ…。
今の時代、握手はどこも有料サービスのようです。
(休憩時間にパンフレット買うか…)

仮面ライダーゴースト公式パンフレット写真。もちろん買った。

今回のライブではオリジナルストーリーがあって、
おおまかに説明すると
「イプシロン」という悪の組織に「秘密結社 ショッカー」が力を貸し、
歴代仮面ライダーたちを倒して力を奪おうと計画するも、
結局仮面ライダーに倒される。という感じです!(ざっくり。)

説明しよう!図解するとこんなふうになるのだ!

途中、ショッカーのひとりしゃべりコーナーでは、
会場内全員起立して「イーー!」のポーズを練習したり、
開場から選ばれたこどもたちがステージに上がり、ショッカーとやりとりしていました。
こどもたちの発言がほんとに自由で無邪気で、見ている方も楽しかったです。

ショッカーも大活躍

仮面ライダー1号、2号、V3が登場したときには、
会場のお父さん達の野太い声援が聞こえてきました(笑)

仮面ライダー初代!2号!V3!

ほかには、ライダーが敵を見失い、会場に居場所をたずねたり、
会場のおともだちから「がんばれー!」の声援を受けてライダーがパワーアップする、
ライブならではの展開がありました!

志村ー!うしろうしろー! 子どもたちによるライダー応援の図。がんばれー!

なんといっても私が感動したのは、
アクションと舞台装置をふんだんに利用した演出です。

私は生でアクションが見たかったので、
キレの良い蹴りや動きをたくさん見ることができてとても満足でした。
仮面ライダーのスーツを装着してのアクションは熱いし、呼吸しづらいし、
かなりの運動量なんだろうと思いました。
そして、私も運動したくてたまらなくなりました!
モチベーションUP!

舞台演出では過去の回想シーンでドライアイスを使用。
攻撃を演出するためにレーザーライト。バルーン製の巨大怪物などを使って、
大人が見ても「これはすごい…!」と思えるものでした。

最後の決めポーズではカラーのライトとドライアイスを使い、
あえてシルエットを強調させる演出で、
客席の大人から「おお…!」と感嘆の声が上がっていました。
ほんとうにかっこ良かったです!

仮面ライダーたちのライティング演出

ライブ終了後、いよいよ握手会です!

恥を忍んで「大人ですが…」と手を差しだしたら、
快く握手してくれました!

もう超感動!

この五人の仮面ライダーと握手してきました!

仮面ライダーたちと握手の図

左から、
仮面ライダーゴースト、仮面ライダースペクター、
仮面ライダードライブ タイプトライドロン、
仮面ライダー鎧武 極アームズ、仮面ライダーV3

テンションも上々、明日のマラソン大会へのモチベーションも上がり、
ルンルンで帰宅しました。

以上、マラソン前日の話でした。
Kさん、仮面ライダースーパーライブを教えてくれてありがとうございました。

気分を高めるのって大事ですね。
次の日は楽しく5kmを走りきれました!

ではでは。