そうだ、昆布締め作ろう


こんにちは。企画営業課2年目の清水です。

皆さん、昆布締めって知っていますか?食べたことありますか?

食材を昆布で包んで一晩くらい冷蔵庫で寝かせたものなんですけれど、僕は最近、この昆布締めにはまりつつあります。

 

だいぶ前、7月頃の話ですが、会社から帰ってきて何気なく「秘密のケンミンSHOW」を見ていました。

そしたら、

 

「富山県民は昆布締めを熱愛している」

 

というのをやっていて、捕れたての魚を昆布締めにしたり、焼肉用のお肉を昆布締めにしたり…。

なんだか、妙においしそうに見えて、すごく印象に残っていました。

(調べてみたら、どうやら昆布締めは富山県の郷土料理らしいです。

↓ウィキペディア先生

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%86%E5%B8%83%E7%B7%A0%E3%82%81

 

あれから時が経ち、スーパーの鮮魚コーナーでタイのお刺身を目の前にした僕。

 

「そうだ、昆布締め作ろう」

 

とっさの判断。

そして、作りました、タイの昆布締め。

以下、レシピです。

 

用意するもの

  • 鯛のお刺身
  • だし用昆布(なるべく平たくて面積のあるものがよい)
  • ラップ

 

作り方

  1. 鯛の刺身を薄くスライスし、軽く塩をかける。
  2. 昆布を水で軽く湿らせ、広げる。その上に鯛の刺身を並べる。
  3. 昆布と昆布でタイの刺身をサンドイッチ状態にし、ラップで包む。
  4. タッパーとかに入れ、一晩寝かす。(写真参考↓)

 

そして一晩寝かせると、鯛の色が少し茶っぽくなり、粘り気が出ます。昆布のうまみが鯛に移った証拠です。(写真参考↓)

 

おすすめの食べ方

  • 何もつけずにそのまま食す。昆布のうまみが楽しめて結構いい。
  • わさび醤油をつけて。ビールにめちゃめちゃ合う!
  • すだちをかける。醤油とかはつけず、オンリーすだちの方がいい。

 

個人的には、ご飯のお供としてでもいいのですが、お酒との相性がいいので、おつまみとして楽しむのもありだと思いました。

わりと簡単に作れるので、お酒好きな方、ぜひ一度、昆布締めで一杯やってみてはいかがでしょうか。

 

ではでは。