韓国で食べたものまとめ


おつかれさまです。こんにちは。
デザイナーの外山です。

韓国旅行、紹介ブログ第2弾です。
今回は韓国で食べたものをまとめました。
一つ一つ思い出して書き出したら、
とてつもない量になったので、
特に印象に残った。また食べたい!と思った料理を紹介します。

 

1日目の昼食。
「辛いスペアリブにチーズを絡めて食べるやつ」
(メニューはハングルで読めません…!)

鉄板に辛いソースを絡めたスペアリブとコーンとチーズが大量に盛られ、運ばれてきます。
そして、店員さんがスペアリブを食べやすいサイズに切ってくれます。
私たちはビニール手袋をして、スペアリブにチーズを絡めて食べました。
これが熱くてなかなか持っていられません。笑
スペアリブの辛味とチーズの甘みは、辛いけど癖になる味でした。

明洞(ミョンドン)の夜の屋台で食べた一品。「餃子」
日本でよく見る餃子よりは一つが大きく平べったい形をしていました。
もしかしたらここのお店だけかも…?
観光客向けなのか、「Not spicy」の餃子もあり、
醤油も用意されていて、ありがたかった…

 

2日目の昼食。「ソルロンタン」
現地で食べたいと思っていた料理です!
韓流ドラマ「チャングムの誓い」で知った料理、ソルロンタン!
乳白色の牛骨スープで、辛味はなく、この出汁にご飯を入れて食べます。
途中、味替えでキムチを入れたり。
体に優しい料理でした。

 

古民家カフェが並ぶ通りで休憩時食べたスイーツ。
「バニラアイスと焼き饅頭のスイーツ」
あんこの中にくるみが入った棒状のお饅頭をその場で焼いて、
バニラアイスの上にドンっと乗せたスイーツ。蜜もかけてくれます。
お饅頭はカットしてハート形にしてくれます。映えますね。
ガツンとした甘みと、あんこなのかバニラなのか、多少の塩っ気があり、
歩き疲れた体には最高のスイーツでした。

 

またまたスイーツ部門。
「マンゴーとチーズのパッピンス(かき氷)」
韓国で有名なかき氷屋さん「ソルビン」。
大きなどんぶりにたっぷりのかき氷とフルーツをトッピングしてくれます。
マンゴーにチーズ!?と初めは味を疑っていましたが、
これも甘さと塩っ気のバランスが絶妙なスイーツでした。

 

3日目の朝食。「キンパ」
見た目は海苔巻き。韓国版巻物といった感じで、こちらではおにぎりの立ち位置です。
コンビニで手軽に購入でき、味も種類も豊富。
食べたのはチャプチェ味で、甘辛で美味しかったです。
やっぱり米はいい…。

 

最終日昼食は、商店街の食堂に入り、韓国家庭料理定番の品々をいただきました。
食べたものはチャプチェ、ビピンパ、海鮮チヂミ、キムチ。
サービスでトッポギをつけてくれました。

 

韓国料理は、辛い!そしてとにかくボリューミー!
けれど、観光地では外国人向けに辛くない種類も揃っていました。
そして、一人カフェや個食している人が見当たらなかった印象。
メニューも鍋系など、複数人で囲って食べるものが多い。

私は冷え性で体の巡りが良くないのですが、
帰国してからしばらく調子が良く、以前よりも汗をかくようになった気がします。
韓国料理効果なのか…。

もうすでに韓国料理が恋しくなっています。笑
日本の大久保辺りでは韓国のお店がたくさんあるので、
今度食べに行きたいなーと思っています。

おわり。