平成の〇〇離れ


バックオフィス山下です。

今年の4月でいよいよ平成が終わります。年末あたりから「平成最後の」とか「平成を振り返って」みたいなワードをよく耳にするようになりました。振り返ると31年も経っていたのか。自分も平成時代とともに生きてきたんだなあと考えるとあらためて一つの時代が終わることについて感慨深いです。

さて、そんな平成カウントダウンが始まっている中、こんな記事を見かけました。

“平成の〇〇離れ”、1位は「“タバコ”離れ」2位「新聞」3位「ギャンブル」 3分の2の人が、本当は「“車離れ”したくなかった」と回答。 “平成の〇〇離れ”を、「時代の変化に合っている」など、ポジティブに捉える意見も多数

2019.02.13 11:30 株式会社エアトリ

総合旅行プラットフォーム「エアトリ」(https://www.airtrip.jp/)を運営する株式会社エアトリ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:吉村 英毅、以下エアトリ)は、10代~70代の男女700名を対象に「平成の〇〇離れ」に関する調査を実施しました。

(中略)

■調査結果概要

調査1:あなたの「平成の〇〇離れ」を教えてください。

「タバコ」(33.8%)と回答した人が、2位の「新聞」(20.5%)に10ポイント以上の差をつけ、もっとも多い結果となりました。男女別では、「タバコ」(男性:39.5%、女性:25.3%)、「ギャンブル」(男性:27.3%、女性:6.6%)といった趣味・嗜好品が、男性が女性を10ポイント以上上回ったのに対し、「恋愛」(男性:15.1%、女性:19.8%)、「結婚」(男性9.6%、女性:17.0%)などが、女性が男性を上回る結果となりました。

(以下略)

引用元:https://www.atpress.ne.jp/news/177235

…なるほど。これだけのものが離れていってしまったのか。

上位に上がってきたタバコや新聞、ギャンブルなどは、周りを見渡してみれば確かに減ったような気がします。

分煙化も進んだためか喫煙する人も以前ほど目にすることも減ったし、通勤中に読んでいる人がいると目立つくらい新聞も見かけなくなりました。ギャンブルは競馬とか競艇あたりは元気な印象もあるのですが、全体でみるとやはりマイナス傾向なんでしょうね。

一方で、去年結婚してライフスタイルが変わったこともあり、表中の結婚やテレビ、読書、年賀状はあくまで個人的にですが増えた気がしています。

 

アンケートによれば、○○離れが進んだ原因の1位は「ネットやスマホの普及」だそう。

調査3:「平成の〇〇離れ」が進んだ理由は何だと思いますか?

「ネットやスマホの普及」(51.7%)と回答した人が、もっとも多い結果となりました。

2位が「収入の減少」(44.7%)と、所得の低下とスマートフォンの普及による通信費の上昇、一方で、スマートフォンで様々な娯楽を楽しむことができるようになり、他に使う余暇時間や所得が減少したことが、様々な「〇〇離れ」を生んだ原因ではという声が寄せられています。

 また、「〇〇離れは現代の価値観に合っている」、「一種の進歩」と、『平成の〇〇離れ』をポジティブに捉える意見も多く寄せられました。

引用元:https://www.atpress.ne.jp/news/177235

やっぱりね、という印象。だって便利なんだもん、スマホ。手のひらでいつでもつながれていつでも情報が簡単に手に入る。そりゃあライフスタイルも変わるし、スマホに依存しちゃうよね、って感じ。

とは言え、全体的に増えてきてはいるものの、世代によってもその使い方は様々だと思うし、スマホファーストの人もいればガラケーで十分っていう人だっているはず。

広告業という商売柄、ターゲットにリーチできるのは、どんなメディアなのか?ということは常日頃考えているわけですが、頭の中にあるものだけでなく、例えばこうしたデータから「いま、日本ってこんなになっているんだ」と自分の中にあるものをアップデートして、それでまた考えてみるのって大切なんだなと思います。

そうすることで、また新たな視点や発想が得られるのかもしれませんね。