今年も行ってきました


バックオフィス山下です。

今年も、やってきました…。

 

そう!B’zのLIVE-GYMです!前回のEPIC NIGHTに続いて、今回もしっかり参戦してきました。

B’zは学生のころからずっとファンでして、今年ではや2x年。気が付けばもうそんな経ったの!?という感もあります。

B’zについて詳しく知りたい方は、こちら↓をどうぞ。

 

今年はチケットが例年になく激戦だったらしく、ようやく確保したのがさいたまスーパーアリーナ公演の2次販売分。ギリギリでした。危なかった。

今回は昨年末に出たばかりのアルバム『DINOSAUR』を引っ提げてのツアー。


画像引用:https://www.amazon.co.jp/DINOSAUR-%E9%80%9A%E5%B8%B8%E7%9B%A4-Bz/dp/B076DZQJHY

 

音源を聴きつつ、いざ現地へ。

物販で目を引くのはガチャガチャマシーン。ものすごい列作ってました。

何だろこのピンク?と思ったらトートバッグでした。


画像引用:http://bz-vermillion.com/dinosaur/

 

このブログを書いている1/15時点ではまだライブツアーが終わっていないので、セトリや演出をネタバレするわけにはいきませんが、一つ言えるとすれば、

最高に楽しいです。

 

B’zのライブの何が楽しいって、演奏がいいのはもちろん、しっかりとエンターテインメントになっている点。

ただバンドが演奏する、のではなく演出やMC、照明やサプライズまで、目と耳と心でトータルに楽しめる。

曲を知らない人が行ってもしっかり楽しめます。

現に、僕はこれまでに2桁に近い人をライブに連れて行って、全員が例外なく楽しんできていたので間違いなしです。

 

そういえば最近、雑誌で目にしていたのですが、今回のアルバム・ツアーのタイトルになっている『DINASAUR』には、“恐竜”という意味以外にも”時代遅れ”という意味もあるそうで。なんか意外。

 

で、このタイトルになった理由が、

B’zが今年で30周年(!)になるが、常に世の中の最先端であるわけではない。時代遅れかもしれないけれど、自分たちの音楽をやり続けていくことに意味がある。それを誇りに思ってこれからもやっていこう!

ということなんだそう。だいぶ雑ですが、だいたいこんな感じ。

 

ああ、確かにな、と。

もはや生きるレジェンド化した感のあるB’zのお二人ですが、自分たちの確固たる信念を武器に突き進んでいく姿が、あまりにもカッコよすぎてまぶしい私なのでした。

 

にしても、50代とは思えんパフォーマンスでしたな、稲葉さん、松本さん…。

今回は新譜中心の選曲でしたが、そういや今年は30周年。

ということは、今年の9/21のB’zのデビュー日には何かあるんじゃないかと超期待。…ゴクリ。