男は30から


この度、先月で30歳になりましたデザイナーのAです。

よく「男は30から」というのをよく聞きますが、

自分はいまだに20代のままな気がしています。。。

が!久しぶりに会う友達には落ち着いたとよく言われたので

それが30なのかなと思いました。笑

 

30歳で三十路と言いますがそもそも「三十路は30代を表した言葉なのかな?」

と思い調べてみたら、

『三十路は30歳のことだけを指します。』

驚きました!もう少し調べるとよく勘違いされる理由が「路」の字が使われているので

30歳から39歳までの道を意味しているような気になりますよね。

しかしこれは当て字で、大辞林にもある通り、元は「みそち」と書きました。

この「ち」は、「ひとつ」「ふたつ」の「つ」のように物を数えるときに使われる言葉みたいです。

「二十歳」と書いて「はたち」と読む、あの「ち」らしいです。

では「30代」という意味で「三十路」を使ってはいけないのか?といわれると、

そうとも言い切れないほど広まってしまっています。

一部の辞書では「30代」という意味も載っていました。

なので、「三十路」といわれたからといって、「この人は30歳なんだな」と即断はできませんね。

ということで、自分は「三十路」と言えるのがこの1年だけなので三十路の間に成し遂げたい目標があります。

 

それは………真鯛を釣って食す!

 

そんな30代の仲間入りをした私でした。