これ知ってる?最近の就職活動用語


バックオフィス山下です。

私、弊社の採用活動を担当しておりますゆえ、日々、就活のトレンドや学生のみなさんの動きなどをチェックしております。

先日、経団連が2021年から就活ルールを廃止することも考えているなどの発言があり、企業や学生、いろんなところで議論もまき起こっています。

 

ここ数年で売り手市場の度合いが強まったり、企業の採用手法も多様化したりと、大きく変化している中、学生が就活の際に使う言葉にも、変化が出てきているそうです。

そのワード、成り立ちや出処を調べてみると「確かに(笑)」となるものばかり。

私も説明会や面接で学生の方々と距離を詰めるためにも積極的に使っていきたい所存です(嘘。

ということで、そんな就活用語、いくつかピックアップしてみました。まずはメジャーなものから。

 

ES

エントリーシート(Entry Sheet)の略。企業の選考に参加する際、履歴書の代わりに記入して持参するフォーマットのこと。

オワハラ

「就活終われハラスメント」の略。内定を出した学生が、もう他の企業の選考を受けないよう、企業が学生に就職活動を終わりなさいと強制すること。

お祈り

選考で落選すること。不採用通知の最後の一文に「今後のご活躍をお祈り申し上げます」と書かれることが由来。

 

このあたりはもしかしたらニュースなどで知っている方も多いかもですね。続いて、もう少しマニアックなものを。

ガクチカ

「学生時代に力を入れたことは?」という面接における鉄板質問のこと。

フラグ

面接中になんとなく伝わってくる面接合格、あるいは不合格の空気。それを感じる面接官の発言や態度。

逆お祈り

お祈りの逆で、学生が企業に対して選考辞退・内定辞退の連絡をすること。企業にとってはこれが一番しんどいです…。

 

言葉だけだとなんのことかイマイチ伝わらないものもありますが、意味を知ると「なるほど~(笑)」となるものばかりですね。

そして最後はお笑い枠。「よくその名前つけたな!(笑)」となる楽しい言葉を3つ拾いました。

背泳ぎ

会社説明会で真っ先に手を挙げる人。その学生の姿を後ろから見ると、まさに背泳ぎのように見えるところから。

神に近づく

企業の選考を落ち続けること。「お祈り」されることが続くことから。祈られれば祈られるほど、神に近づく。

結婚したい

就活したくないこと。結婚すれば就職しなくてすむという発想から。

 

正直、半分以上知らない言葉ばかりで、学生の皆さんの発想はどれも素晴らしいなー!と感心してしまいました。

皆さんはいくつくらい知っていたでしょうか。

 

さて、最後に弊社のことを。

ただいま株式会社リベラルでは、2019年入社の新卒秋採用を行っております!

9/25(火)・27(木)に選考直結の会社説明会を実施。本年は企画営業職を募集します。

弊社代表の宮嶋が直接皆さんにお会いして、会社のこと、業界のこと、営業のことをざっくばらんにお話させていただきます!(もちろん私も参加しますよ!)

 

上のリクナビのリンクにて、エントリー・説明会予約を受け付けていますので、私達に興味を持ってもらえたらぜひ参加してくださいね。