素人が見るオリンピックロゴ


こんにちは!
営業の必須アイテム、手帳をなくして泣きながらクライアント様を含め、色々なところに電話して(少し盛りましたが)、某ファミレスで拾っていただき、
本当に落し物届けてくれる日本ってイイな!!!と思った、
営業2年目になりました平尾です( ´ ▽ ` )ノ

2年目に・・なりました・・!

卒業してから1年の間に、大学さんのお仕事で、

「どのようなデザインなら大学に興味を持ってもらえるか」
「楽しそうと思ってもらえるか」

とか、会社さんで

「どんなデザインなら合同説明会の時に大学生が会社に興味を持ってもらえるか」

とか、自然と学生時代とは違う目線で考えることが多くなっていて、
いまとっても不思議な気持ちになってます。

本当にいろんな人と接し、考え、学んだ1年でした!本当にありがとうございました!
今年度も何卒、よろしくお願いします!!

今回はまじめな話、しますね。笑

以前もこのブログで、他の社員数名がオリンピックのロゴの盗作について書いていたかと思います。
私もやっぱりこの業界に入った以上、気になるトピックです。

といっても、営業2年目、学生時代には広告やデザインの勉強もしてなかったまだまだの私。

そもそもデザインって好みに左右されるし、難しいなぁと考える毎日です。

今月8日にオリンピックロゴが1万4599点の中から選ばれた最終候補が4つ残りましたよね。
それをうけて自身の案をブログで発表したキングコングの西野さん。

江戸漆器の蝶々をモチーフにしたデザインで、結構素敵なものでした。(主観的ですが)

蝶を模したロゴ。素敵です!
画像引用:http://lineblog.me/nishino/archives/2689841.html

そんな西野さん、ご自身のブログで「負けエンブレム展」を開催することを発表しました。

選考落ちしたロゴを募集して、西野さんの独断と偏見で選び、公式ロゴが決定する25日に、発表するとのことです。

今回のコンペに参加したデザイナー・イラストレーターにチャンスを与えたくて、
そして、あまりにもブラックボックスすぎる今回のコンペの質を知りたくて、
僕と同じように、今回のコンペに参加し、落選した方々へ向けて、
僕のブログ上で、『負けエンブレム展』を開催することにしました。

参加資格は「今回のコンペに参加し、落選した人」です。

応募作品の中から、僕の独断と偏見で「この作品(この人)は世に出るべきだ!」という作品を選ばせていただきます。

引用元:

個人デザイナーや、デザイナーを目指してる学生など様々な人が応募していると思うので、様々なデザインが観れると思うと楽しみですね。

ちなみに公式でも最終候補の4案について、IOCのウェブ上でアンケートも開催しているそうです。

https://www.emblem-comments.jp/#top
※終了しました

人生で何度あるかわからない東京オリンピック。
どんな形でも構わないので、少しでも携われたらいいなと思う平尾でした。
( ´ ▽ ` )ノ