東京五輪エンブレム、明治、NTT…亀倉雄策さんのデザインは生活のあらゆるところにあった!

東京五輪のエンブレムや明治、NTT。亀倉雄策さんのデザインは生活のあらゆるところにあった!

先日、地元友人の結婚式のため帰省しておりましたが、新潟はほんとにご飯が美味しくて最高でした!また新潟の話かよって言わないでくださいね!営業の金子です(^O^)

さて、少し前まで佐野氏の五輪エンブレム問題が話題でしたが1964年の東京オリンピックのポスターをご存知でしょうか。それがこちら。

1964オリンピックロゴ
このポスター、亀倉雄策さんという新潟出身のグラフィックデザイナーの作品なんです!

この時のデザインポリシーは「日本的なものを加味した国際性のあるもの」。「日の丸」や「太陽」を連想させ、シンプルながらも力強いメッセージ性が備わっていると絶賛されたとのことで、日本の伝統的な美意識とモダンデザインの融合を日々模索していた亀倉の代表的な作品と言われています。

その他亀倉さんの手がけた作品は五輪ポスターの他、なんと今や広く認知されている明治のロゴや、

旧明治製菓 ロゴ

グッドデザイン賞のロゴや、

グッドデザインマーク

NTTのロゴなど。

NTTロゴ

ぜんぶ亀倉さんの作品なんです!!調べてみてびっくり!

そしてなんと今なら!私の地元 燕三条で展示会を開催しているのです!!

燕市出身の亀倉さんと、三条でインダストリアルデザインに長年関わった小林二郎さんの回顧展です。10/12まで開催中ですのでぜひ!

なんとそのうちの10/1〜10/4まで、工場の祭典(こうばのさいてん、と読みます)も開催しております。普段は見られないような工場の裏側が見れたり、体験できたりします。

工場の祭典

キャッチーなアイコンが目を引くデザインになっていて、トップページの動画を見てたら私も行きたくなってきました。

新潟県全体では、食欲の秋を満喫できるような「うまさぎっしり新潟」も実施中です。新米がおいしい季節ですのでぜひ足を運んでみてくださいね。

 

正直、オリンピックポスターを初めて見た時は「え?!?!ただの丸じゃん!!!」となったのですが、背景について説明を聞くと、これほどデザインポリシーに対して完璧な回答はないだろうなと思いました。

どうでしょう。見方が変わると、小学生でもかけるような丸だったものが、なんだかすごいものに見えてきませんか?私たちの仕事は、そんな新しい見方や埋れている価値を見つけて発信、沢山の人に気づいてもらうためのお手伝いなんじゃないかなあと思うのです。

今日もみなさんのお手伝いができるようにがんばります!