オリジナル香水の制作体験をしてきました

こんにちは。
アシスタントデザイナーのかねこです。

 

先日、大学時代の友人とオリジナルの香水が作成できる調香体験をしてきました。
卒業以来、久しぶりに会えることになった友人と「せっかくだからご飯食べるだけじゃなくてなんかワークショップみたいなのに行きたいねー」というやりとりがあり、前々からお互い興味のあった香水づくりのできるスポットを探すこと決めました。

アクセスや金額、用途(ファブリックミストかオードパルファムか〜など)を考慮し、お邪魔したのが表参道にある『Magnolia Fragrance』です。

Magnolia Fragrance(マグノリア フレグランス) 公式サイト

 

お店についたら軽く香水づくりの流れを聞いた後、トップ・ミドル・ラストの順に分けられた棚に置かれた瓶(香料)を嗅いで好きな香りを数種類選びます。
香料(イランイラン・ホワイトジンジャー・ムスクetc)の種類がめちゃくちゃあって絞るのに超迷う・・・!
友人とこれがいい匂いだの誰っぽいだのエモいだのと騒ぎながら気に入った香りの種類を絞ってカウンセリングシートにチェックを入れていきます。
香り選びが終わると、店員さんがカウンセリングシートを元にどんな香りに仕上げたいかを聞いた後、必要な配分を数値で教えてくださいます。
メスシリンダーとピペットを渡され、いざ調合。教えていただいた数値分の量をメスシリンダーの目盛りを基準に入れていきます。ところどころ計算が必要になり、算数が天敵の私はiPhoneの電卓の力を借りて分量通りに調香することができました。

 

完成したのがこちら ↓↓


ラベルは名前を入れてもらえるものを選びました。
入れたの自分の名前じゃないけど。

 

お店を出る際に「調香して少し時間を置くと香りが馴染んで自然になりますよ」とお店のお姉さんが教えてくれたので次の日にもお試しで使ってみました。
おっしゃる通り、リリーやパウダーフラワーの香りが想像してたより柔らかく自然に香るようになっていてさらに良い匂いになってた・・・
お姉さんすげ〜〜〜。

楽しいひと時を過ごしながら、調香師の方々の凄さを知りました。
素人が行き当たりばったりで選んだ香りからイメージにより近い香りの配合をその場で考える、お店の方はしれっとこなされてたけど職人技でとてもかっこよかったなぁと思いながら香水を使ってます。

今回作った香水がなくなったら、次に気になっていたSHOLAYEREDに行ってみたいです。
横浜に3店舗ほどあるので、興味のある方はHPをご覧になってみてくださいね。

関連記事

新着記事

  1. 「なに丼が好き!のお話」

  2. いーね、いーね、いーね!!

  3. 続、入院。

  4. はじめまして 総務部Sです

  5. やったーBBQだー

  6. 春の旅日記 三重編

  7. 人生で覚えておきたい(?)数字

TOP