2020卒就活解禁


バックオフィス山下です。

3/1から新卒採用が解禁になりましたね。

また、今年も企業・学生ともに活躍できる人材・場を求めて、熾烈な戦いがスタートします。

そんな中、こんなニュースを目にしました。

文系・理系ともにトップは:
大学3年生に聞く、就職したい企業ランキング

2020年3月卒業予定の大学3年生は、どんなところで働きたいと考えているのだろうか。就職したい企業・業種ランキングを見ると、「地方公務員」(31.6%)が最も多く、次いで「国家公務員」(18.0%)、「グーグル」(6.1%)であることが、リスクモンスターの調査で分かった。

「安定職の代名詞とも言える『公務員』に加えて『医薬品製造業・医療事業』や『鉄道業』に人気が集まった。特に鉄道業においては、文系の学生を中心に人気を得た。また理系の学生からは、自らが学業で得た専門性や知識、経験を商品開発などで生かせる職場として、『飲食料品会社』や『製薬会社』が高い人気を得ている様子もうかがえた」

引用:#SHIFT by ITmediaビジネス https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1903/03/news021.html

 

…なるほど。公務員、強い。

安定さで言えば抜群の公務員が、文系・理系ともにワンツーフィニッシュでした。

文系3位にはGoogleが入っているのがいまっぽくて、理系の上位に製薬が入っているのは個人的には意外でした。

 

しかし、マイナビ東洋経済社などが公表している就活人気企業ランキングとは違い、見ない顔ぶれが多く、果たして実態はどちらに近いのか、気になるところです。

同じ母集団ではないので、単純比較はできませんが、近年の安定志向・地元志向を考えてみれば、公務員が上位に来るのは当然のような気もします。

 

今春も弊社には新入社員が入社予定です。

毎年の話ではありますが、研修・教育というステップを経て、社会人として、そして個人としても一人前に成長していきます。

入社の時に「やりたいこと」「将来なりたい姿」が仮になくても、新しい世界で見つけていければそれでいいのだと思っています。(自分もそうでした)

まずは撒かれた場所で花咲けるよう、新社会人のみなさん、頑張ってください。

私もがんばります。