シンガポール一人旅!(完結編)


こんにちは!三年目になりました、平尾です。

最近ずっとシンガポールの話をしてきたのですが、タイムリーでこの前アメトークでひとり旅芸人をやってたので、見た方いらっしゃいますか?(´ω`)

見ていて、わかる〜!な点が多かったので、わたし的ひとり旅芸人をやろうと思います。(笑)

 

  • 日程調整が楽

有休合わせるのとかたいへん

  • 旅券を取るのが楽

ギリギリでも1人だと意外と空いてる

  • レストラン予約不要

1人だと意外と予約なしで入れたりする

  • 現地人と合流がしやすい

悪い人に話しかけれる可能性も高いですが…

  • 事前下調べめんどくさい

行けばなんとかなる!

 

また、ひとりだとシェア飯ができない?と言われますが、海外にはかならず持ち帰り用の入れ物があるので問題なし◎

まぁ、ひとり旅が好きな人は、団体旅行も好きですけどね。(笑)

 


さて、シンガポール最終日です!

 朝ご飯はニョニャ(プラナカン)料理から始まります。

 「プラナカン」とは15世紀後半からマレーシアやシンガポールにやってきた、中国系移民の子孫のこと。彼らは現地の女性と結婚し、中国やマレーの文化に西洋の文化もミックスさせた、絢爛豪華な生活スタイルを生み出しました。その食文化も、他では見られないほど複雑で手の込んだもの。中国の料理法に、スパイスや木の実やココナッツミルクを多用するマレー料理をミックスさせ、さらにタイやインドのハーブからヨーロッパの調味料まで巧みに使いこなし、味わい深い料理を作り出してきたのです。

 引用 : シンガポールナビ – お皿に載った芸術、プラナカン料理を食べてみよう!

 

店員さんがイケメンだった。

 

続いてプラナカン建築。

 

シンガポールやマレーシアでよく食べられているB級グルメ、ラクサを食します。

 

街歩きします!(中華街)

 

暗くなってきました。
さあさあ有名なマリーナベイサンズに潜入します!

 

ロビーもおしゃれ。歩いている人たちもお金持ちそう。(みんな観光客ですが)

マリーナベイサンズといえば屋上のプールが有名ですが、こちらは宿泊者のみ。

せっかくシンガポールに来たのならば、マリーナベイサンズの屋上からシンガポールを一望したくない?(ちえみ風)ということで、宿泊しなくてもマリーナベイサンズに登れる方法をお教えいたします!!!!(イエーイ!!!)

(1)展望台にのぼる

ひとり25ドル程度。高い。

 

そんなあなたにお勧めなのが

(2)レストラン「Sky on 57(スカイ・オン・フィフティセブン)」とバー「CÉ LA VI(セラヴィー)」を利用する。

こちらマリーナベイサンズの最上階にあるもの。レストランは一人90ドルほどで少しお高い、ということでバーに行きました!カクテルは20ドル程度。

 

イケメン店員さんに、「一人で来たの?ここはボーイフレンドと来なきゃだめだよ。もし〇時まで待っててくれれば僕がシンガポールを案内するよ?」なんてナンパをされるほど、周りはリア充だらけだった。

バーといっても1こ下の階が展望台のため、人が歩いてるのが気になりますが、まあいいか。

 

最後にどうしても食べ比べがしたく、ホーカー(屋台街)のチキンライスを頂く。

前に紹介した、お高いチャッターボックスの27ドルに対してホーカーは4ドル程度。
23ドルの差はいまいちわからず、全然めっちゃおいしい。
これで500円なら毎日おひるごはんこれでもいいです。(わりとガチ)

 

お酒を飲んで就寝しました・・!

 

 

最終日!!

近くのスーパーマーケットのフードコートでまたもやチキンライスを食べて向かったのは、ティラミスヒーロー。

日本でも上陸して人気爆発4か月待ちということだったので、行ってみたところ・・・

 

かわいい。けど店内はちらほら。シンガポールではそんなに有名ではないようでした。笑
(場所が駅から遠いからかもしれませんが。)

 

余談。

アラビア街に大きなスーパーがあるのですが、袋は結束バンドで止められている。

万引き防止らしいのですが、なかなか日本では見ないですね。笑

 

 

さて。帰国の時間が迫ってきました。

シンガポールで最後に何をしたいか。

おいしいものを食べたい!!!!!(今までいっぱい食べたじゃんという声は聞こえません)

 

シンガポールのアフタヌーンティーが食べたい!!!

本当は前回紹介した、ラッフルズホテルのアフタヌーンティが有名なのですが、行きたくなったのはシンガポールについてから。まあ予約が取れるはずもなく、直前にとれたのがこちら。

1928年に建てられた歴史ある高級ホテルのうちの一つ、フラトンホテルのアフタヌーンティです。

https://www.fullertonhotels.com/ja-JP/singapore/the%20fullerton%20hotel/dine/the%20courtyard

おひとり43ドル!!!

お高い・・・こんなところに行けるなんて、私も立派な社会人になりました・・・!!!|д゚)

 

シンガポールの高級ティーブランド「TWG」。初めて飲みましたがおいしかったですねえ・・。

 

さ。見て違和感ありません?
そう。すべて2コずつ乗ってるんですよね。笑

というのもネットで英語サイトで予約して、いざ行ってみるとそれはアフタヌーンティーではなくただのカフェ利用の席予約。どうしてもアフタヌーンティーが食べたい!!と駄々をこねたところ、皆さん、冒頭で話した一人旅のメリット覚えてますか?

 

  • レストラン予約不要

1人だと意外と予約なしで入れたりする

 

そう。あと30分後の席が空いてるから、その時間に来てくれれば入れてあげるよ。ということで念願にありつけました・・!!!(イエーイ!!!)

ただ、アフタヌーンティーは一人で食べるのではなく二人以上で食べるものなので、出てきたのは二人前。ということです。笑

おなかがはち切れるまで食べましたよ・・・!!!

 

シンガポール総評。

治安よし。現地人やさしい。おいしかった!!!!

旅行慣れしてない方でもお勧めです!!

 

ということで、たくさん食べまくったシンガポールでした(^^)

また旅行に行けるよう、仕事がんばりますので、いつでも平尾にご連絡ください!!!