サッカーは大きなビジネスチャンス


こんにちは。
スタミナのない中央林間の長友こと、営業の二見です。
僕はフットサルが趣味でありまして、先週末にお台場にて蹴り納めの大会に参加してまいりました。

そこで、スタミナのなさを露呈してしまったので、年末年始はひたすら走りこもうと思っております…

full

そんな僕の今回のブログネタはサッカー!
先日、クラブワールドカップなるものが行われ、レアル・マドリードが見事優勝しました。

日本のメディアでも特番が組まれ、試合の放映権も各テレビ局が競合の末決まっているそうです。
余談ですが、お世話になっていますCS放送のサプライヤーさんの方々もプロ野球チームの放映権を獲得することが毎年シーズンオフの大仕事だと仰っていました。

話は戻り、国際サッカー連盟FIFAによると、FIFAの年間収益の90%が4年に1度のワールドカップで占められているそうです。
これには非常に驚きました。それも2006年のドイツ杯から2010年の南アフリカ、2014年のブラジル大会と徐々に利益が増え続けているとのことです。

ブラジル大会優勝国の賞金約35億をドイツが獲得した訳ですが、それはFIFAの年間利益の約2%程だとか…。

その膨大な収益の約半分が先程話に出た放映権料なのです。

それほどの額にもなっているにもかかわらず、各テレビ局が放映権を獲得しようと動いていることを考えると、試合を放送することによりそれ以上の利益を得られるからというのは間違いないはずです。

今回のクラブワールドカップはワールドカップに比べれば規模は小さいですが、前身であるトヨタカップ時代よりも規模は大きくなってきています。

来年は日本開催が予定されていますので(確定ではありませんが…)その際は何かしらに関われればと思います!開催地になるであろう新横浜は弊社のお客様もたくさんおります。リベラルもクラブワールドカップ特需の恩恵を得られるように、何かしらの企画を構想中ですので、どうぞお楽しみに!?

他、みなさまからも何かイベントをしたい、告知をしたい、ノベルティ作りたい!などございましたらぜひぜひご連絡下さい!

年末年始の案件、まだ間に合います!!

◆今回のブログ担当 二見の自己PR動画はこちら!