ザワザワ、っとスタジアム。 – 広告生活


こんにちは、デザイナーのナカさんです。
ナカさんです!

連日ニュースでもザワザワしている『新国立競技場』のニュース、
私もザワザワしながら見ています。
計画見直しが発表されましたが、一体どんなものになるのか…ザワザワ!

気持ちを切り替えて今回は、個人的にかっこいいなと思うスタジアムをご紹介します。

■ベルリン・オリンピアシュタディオン – Olympias tadion Berlin (ドイツ)
ベルリン・オリンピアシュタディオン

1936年のベルリン五輪に合わせて建設された石造りのスタジアムで、
2006年には、ワールドカップのために大規模改修がなされました。
屋根をつけるなどされたそうですが、外壁などは当時のものを活かしてあって、非常にシブい!かっこいいです。

建設当初はこんなでした
こちらが建設当初の様子です。

こちらは現在の様子クラシカルなデザインがかっこいい
こちらの2枚が現在の写真です。石造りのクラシカルなデザインが残されていることがよくわかります。
この競技場は2006年以降も、2009年に世界陸上選手権・ベルリン大会、2011年には、FIFA女子ワールドカップ・ドイツ大会の開場として使用され、また、2015年UEFAチャンピオンズリーグの決勝戦の試合会場にも決定しています。見た目のかっこよさだけではなく、約80年前の建物が活かされ、今も現役で国際的な催しに使用されていることも、魅力的な点だと感じました。

日本でも、伝統的な工芸と、新しいデザインとの融合は多々ありますが、こういった大きな規模でもそれが増えてくるといいな〜と思わずにはいられません。
国立競技場は既に取り壊されてしまったので、オリンピアシュタディオンのように行かなかったのは残念ですが、どうにかいい感じに落ち着きますようにと、ハラハラし続ける(総工費も気になる)都民のナカさんでした。

画像はベルリン・オリンピアシュタディオン公式サイト(http://www.olympiastadion-berlin.de/en.html)より引用