星空のキャンプ場へ。


コピーライターのヤスダです。

めっきり冬の空気が漂う今日この頃ですが、冬は空気が澄むため景色を眺めるには絶好のシーズン。
中でも冬の夜空ははっきりと星が見えるので、晴れた日の夜空はいつもより実感します。

ということで先日、星空が良く見えると言われるキャンプ場へ行ってきました。

場所は埼玉県西部、ときがわ町。堂平天文台という日本の天文学を支えた、施設のそばにあるキャンプ場です。

 

山頂ということで周りには何もない場所だと想像していましたが、意外にも素晴らしかったのがその設備・環境。

 

泊まるのは、モンゴルのゲルのようなコテージ。中には暖房が完備され、布団もしっかりと用意されています。

バーベキューをするためのセットもすべてそろっています。コテージの前には丸太でできたテーブルとイスがありますし、バーベキューコンロも炭も、ガスコンロも、お皿やお箸、フライパン、お鍋、コップ、正直食事で思いつくものは何でも借りられます。電子レンジも共同で使えますし、食材だけ買っていけば何にも問題ありません。

夕方前に到着し、夜にかけてバーベキュー。さすがに山頂で気温低かったですが、その分満天の星空を眺めることができました。

コテージの前から見えた街の夜景

星空は残念ながらiPadのカメラではこれが限界。。。

日の出はきれいでしたよ。

最近は手軽に行けるキャンプ場が増えましたが、その中でも穴場のスポット。ただ、寒いのが苦手な人はもっと暑い時期に行った方がいいかもしれませんね。