チームラボボーダレスにいった話


こんにちは!平尾です:)

びっくりするほどの暑さ・・皆さん気をつけてくださいね。

さて、今回はチームラボボーダレスにいった話をしたいと思います。

まずはじめに。

チームラボ株式会社(teamLab Inc.)は、東京都千代田区に本社を持つ、デジタルコンテンツ制作会社である。

ウルトラテクノロジスト集団を自称し、プログラマ、エンジニア、数学者、建築家、絵師、ウェブデザイナー、グラフィックデザイナー、CGアニメーター、編集者など、デジタル社会の様々な分野の専門家から構成されている。芸術的な表現を主体としたコンテンツ制作を得意としている。

(wikipediaより引用 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%A9%E3%83%9C

デジタルアートの先駆けとして、今絶賛成長中の会社。日テレ「THE MUSIC DAY 音楽のちから」内で行われた、生放送中に全国の視聴者が同時に嵐の曲で音ゲーをプレイし、ライブ演奏に参加できるシステムは見たことがあるかも知れません。

ここ会社が運営している、「チームラボ プラネッツ TOKYO DMM.com」(豊洲)が2018年7月7日にできました。口では説明できないのでPR動画をどうぞ。

王様のブランチをはじめ色々なメディアやFB、インスタグラム広告で見た方も多いかもしれません。

チームラボ株式会社のプロモーション・企画の観点ですごいと思ったことが二つ。

1)上記の動画でアンバサダーになっている、ローラを始め、多くの芸能人やユーチューバーをプレオープン時に招き、オープン前にその人たちがSNSなどで紹介・拡散していました。木下優樹菜や仲里依紗も行っていましたよ。ターゲットがインスタ栄えに敏感な女子大学生~だと思うので、うまくインフルエンサーを使っているなぁと感じました。

2)ターゲットが女子大学生とお話しましたが、一つみどころとして「呼応するランプの森」があります。こちらは「台湾のランタンフェスみたい!!」と話題になっています。そもそも台湾のランタンフェスは今、ラプンツェルの映画のクライマックスシーンのモチーフということで注目されているのですが、開催されるのが旧暦1月15日。つまり旧暦だと平日の場合もあり、なかなか行きたくも行けない人が多いのです。今、人気でそれのための台湾ツアーも組まれているんです。それが東京で見れる!!なんてユメのようですね・・・!

3)誰でもジャケ写ごっこができる!!BUMP OF CHICKEN、新曲「アリア」のPVは期間限定でやっていた「お台場みんなの夢大陸2016」内展覧会「DMM.ブラネッツ Art by teamLab」で撮影されたものなんです。ちゃんとこのときの世界感も今回、表現されているのですよ。

 

ということで、作っているデジタルコンテンツももちろんすごいのですが、それに係るPR方法や、企画の部分でもさすがだなぁ。と勉強になりました。

んで。豊洲が一番新しいのですが、そのタイミングで一個古いお台場の「ボーダレス」のほうにいって来ましたので、写真を紹介させて頂きます(^^)。

MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless
(森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス )

当日券はありますが、大体売り切れ。また、前売り券のほうが少し安いので、ぜひ前売り券を買っていってみてください♪以上、平尾でした!