中央林間盛り上げ会議│Vol.2 中央林間の緑を探せ!(2)


中央林間盛り上げ会議

Vol.2 中央林間の緑を探せ!

さらに緑を求めて、線路を渡って西側へ。すると、子どもたちが元気よく遊んでいる、一帯が。緑野青空子ども広場です。

土を盛り上げた山と、無造作に並んだ遊具ばかり。正直どうやって遊んでいいかわかりません(笑)。そう思っていると、横にこのような看板が掲げてありました。

「自分の責任で自分に遊ぶ」。なるほど。。
与えられた材料でどう遊ぶかは、子ども達次第ということなんですね!!

というわけで、私なりに自由に遊んでみました!!

木のぼり!

からの、小屋のぼり!

からの、空中浮遊!

題して「公園の妖精ごっこ」

どうでした?(笑)いろいろな遊び方ができますね(笑)。

写真には写ってないですが、実は本当に多くの子ども達が走り回っていました。屋外で思いっきり遊ぶなら、この中央林間の貴重な場所と言えそうですね。

でも正直、「緑と言えるほど、緑はない!!」

なので、次を探しに行ってきます!!

緑野青空子ども広場はこちら


さて緑野青空子ども広場から北に15分ほど歩いたところに 多胡記念公園 を発見。

この公園は平成2年12月、多胡三代治・キヨさん夫妻から「緑豊かな庭園をみなさんに開放し、後世に伝え続けてほしい」と大和市に寄贈された公園です。

園内には多胡夫妻の銅像があったので、早速記念撮影!(おふたりの子どもみたい?いや孫かな??)

そして、この公園の特徴は何と言っても、アレがあることです。それがこちら!

なんと茶室と書院があるんです!!

なぜなのか、調べてみると、多胡さんの妻キヨ夫人が存命中から「庭園内に茶室と書院を建てたい」という希望があり、夫三代治さんは夫人の遺志を継いで、茶室と書院の建築費を大和市に寄付し建設されたとのこと。そして現在は、茶室・書院を「慈緑庵」と称して、一般に開放されています。

実際に、定期的にお茶会はもちろん落語会なども開かれていて、広く活用されています。時間貸しも行われているので、個人的なイベントなども行えるそう。料金も比較的リーズナブルです。詳しくはこちらをご覧ください。

多胡記念公園 « やまとナビ-NAVI-神奈川県大和市のスポーツ・よか・みどり情報サイト:

しかし、「茶室や書院はあるけど、林間といえるほどの緑はない。。」

はてさて、中央林間の緑はどこにあるのやら。

多胡記念公園はこちら


そういえば、「公園ばかりが緑じゃない。」

そのことに今更気づいた私は、神社やお寺にも緑があるのではと思いマップを再調査。

そして、中央林間駅の東側に神社を発見!皇神之宮(すめがみのみや)に早速行ってきました!

どうですか!?このうっそう生い茂る木々!マイナスイオンもたっぷりと浴びれそう。神社という神聖な場所でもあるので、そのヒーリング効果も絶大でしょう!

というわけで、お参り!お参り!

まずは手を洗って。

お賽銭もケチらずに。
“もっと、「中央林間に緑が増えますように。」”と。

でも、どちらかというとこの神社は森っていう感じで、林間とはちょっと違いますよね。

贅沢言ってすいませんが、やはり森ではなく林を見つけたい!

というわけで、最後に、中央林間最大の緑ではないかと思うあの公園を目指しました!