中央林間盛り上げ会議│Vol.5 中央林間はパスタの街(1)


中央林間盛り上げ会議

Vol.5 中央林間はパスタの街


ヤマシタ
では第5回目の会議を始めます。先月のラーメン特集は、中央林間に個性的なラーメン店が多いのを再確認できましたね。
リューイチ
僕、今より食べ過ぎで10kg以上太ったことがあるほど、ラーメンが大好きなので、皆さんのレポート読ませてもらって、とても参考になりました。近いうちに、全店制覇してみたいです。
中央林間ってラーメン店が多くないですか?
ナカさん
私も二郎系といわれるラーメンに挑戦できて、新しい境地を開拓できたと思います。こういう機会がないとなかなか足を踏み入れないじゃないですか。やっぱり、ラーメンって、女性一人じゃなかなか行きにくいですから。
そうだ、次は、女性でも入りやすいお店の特集もやってみたいです。
ヒトミ
そうですね。次は、美味しいパスタが食べたいなぁ笑。
サトウ
そうか。中央林間の女性向けのグルメも紹介しないとだな。じゃあ、今回はラーメンに引き続き、同じ麺類ということでパスタ特集にするか。
ヤスダ
そうですね。このあたりだと、リベラルの目の前に最近「Hal」っていうイタリアンができました。でも、他にどこがありますかね?
ヤマシタ
ちょっと調べてみましょうか。 あ、中央林間にはパスタのお店って意外にありますよ。西側に「dining.est」、駅の東側には「トラットリア アンジェラ」や「TAK CAFÉ」がありますね。
ヒトミ
喫茶店ですけど、「UTORO」のランチもパスタがあったはずです。
ナカさん
ちょっと北側には、「SEMORINA」っていうイタリアンもありますよね。
サトウ
よし、ちょうど6店舗出たところで、前と同じように、誰がどの店をレポートするかをくじ引きで決めよう!
ヒトミ
なんか楽しいですね、これ(笑)。
今回もあみだで決めました(笑)
ヤマシタ
ではみなさん、今回もくじで引いたそれぞれのパスタのお店を調査してきてください!

デザイナーのナカさんです。

今回は、私の意見が通ってパスタ特集!頑張って、一番手でお届けします。

そして、私が今回紹介することになったのは、喫茶「UTORO ウトロ」です。

リベラルを出て一回も道を曲がらず、とにかくまっすぐ進むと着くのが、こちらのお店です。

入社一年目の時、お昼を食べるところを探してウロウロしているときに辿り着いたのが、初めて訪れたきっかけでした。

難しい路地裏ではなく、駅前にあるのでアクセス抜群です◎

この記事を書くまで意識してこなかったのですが、看板には「Since1974」の文字…、なんと創業41年目のようです!

雰囲気ある感じのUTOROさんデス。

ナチュラルな雰囲気が魅力的な外観で、木には小さな営業日のカレンダーがかかっていたりします。
手書きの黒板のメニューを眺めつつ店内へ入ってみると、ハワイアンと純喫茶が融合した、なんとも居心地の良い空間が広がっています。
天井で回るシーリングファン、窓辺にかかるハワイアン・レイ、他にもいろいろな雑貨が並んでいます。

店内を眺めているだけでも楽しいです!

ランチのセットメニューは種類が豊富で、ピラフ3種類にパスタ5種類、サンドイッチやホットサンドが8種類……
いろいろな選べるメインメニューにドリンクが、更にパンセット以外にはサラダもついています。

さて何を頼むか……今回の盛り上げ会議がパスタ特集なので、スパゲティセットなのは固まっていますが、前述のとおり5種もあるので迷ってしまいます。
悩んだ末、「喫茶店っぽい!」というミーハー感満載な理由で、ナポリタンをお願いしてみることにしました。

オーダーしてすぐ、サラダが先にやってきました。

なんだか芸術的な盛り付けなサラダが出てきました。

UTOROのサラダは実に特徴的で、器からして雰囲気があります。
この…ロックグラスのようなガラスのお皿(名前はなんて言うのでしょうか?!)に、いろんな種類の野菜が入っています。
わかるだけでも、トマト・ピーマン・パプリカ・レタス・ほうれん草・揚げ茄子・インゲンなどが入っていました。

日によって野菜の種類は変わるようで、別の日に伺った際は、
キュウリ・パプリカ・人参・プチトマト・紫キャベツ?・ゆで卵・カボチャ・おくら・ミョウガ・レタス…
食べ進めると更に、最初はわからなかったブロッコリーも入っていました。

その日の旬のお野菜がたっぷり。

種類の豊富さを楽しみながらサラダを食べていると、主役のパスタがやってきます。

お待ちかねのナポリタンが来ました!

これぞナポリタン!喫茶店のナポリタン!
出来たてで、写真には納められませんでしたが、湯気がホッカホカです。
オーソドックスな具材と味付けだけではなく、サッと炒めて和えたのかな?という感じのフレッシュなトマトも入っていたのが、とても新鮮に感じました。
味も食感もさわやかで、アクセントになっています。

夏だからトマト、おいしいです。

実はボリュームも満点です。
腹が減っては仕事はできぬ……しっかり、午後の仕事のエネルギーになってくれそうです!

食後はやっぱりコーヒーで。
アイスはキンキンに冷えた、ステンレス?銅?錫(すず)?のカップで、ホットはかわいらしいレトロなコーヒーカップで出てきました。

雰囲気出てますね。

最後に、お会計のとき、奥さんに店名『UTORO』の由来を聞いてみました。
ウトロ(Утром)はロシア語で「朝」という意味であることと、
それとは別に、お店を開店されたお父様の出身が北海道のウトロ(宇登呂)であることを教えてくださいました。

因みに、知床半島の根本の、このあたりです…↓

北海道の東側ですね。

内装でハワイを感じ、メニューで懐かしさと新鮮さの同居を味わい、店の生い立ちという思わぬところで北国に想いを馳せることの出来る喫茶店UTORO、すっかりお気に入りになりました。
中央林間においでの際は、小田急側駅近のUTOROでゆっくりしてみてください。


スパゲッティと呼ぶかパスタと呼ぶか、いまだに悩むディレクターのサトウです。

“パスタは、日本語の「麺類」とほぼ同義の概念をもつイタリア語で、スパゲッティ、ペンネ、ラザニアなどを含む(wikiより)”

ということなので、どちらで呼んでも間違ってはいないけれど、スパゲッティの方がよりよいような気がするのですが、日本ではスパゲッティというと古くさい響きになってしまうので、本文中はパスタで行こうと思います。

もうひとつ、子どもの頃、パスタはあくまでご飯のおかずでした(これは我が家だけだったかもしれませんが)。
というわけで、パスタ屋って、おかずだけを食べているような物足りない感じになるので、あまり好んで行く場所ではないんです。
ラーメンもうどんもそばも、丼物やご飯とのセットがあるのに、なんでパスタにライスセットがないんだろう…。

前置きが、もしかすると本文よりも長くなってしまいましたが、私がランチに訪れたのは、中央林間盛り上げ会議2度目の登場、「dining est. 」

オトナの隠れ家っぽいest.さん

ランチタイムからバータイムまで、ナポリタンやカルボナーラ、旬の食材を使った月替わりのパスタ等々、味わいとりどりのメニューが揃っています。

メニューも豊富。どれを選んでもおいしそう。

ランチタイムにはセットメニューも用意されていて、中でもおすすめなのが、2種類のパスタがハーフで楽しめる、980円の「est ランチ」。
1000円切ったお値段で、色々な味が楽しめる、ハイコストパフォーマンスなセットとなっています。

パスタが運ばれてくるまでに登場するのは、コンソメスープ、サラダ、そして前菜3品。
どれも見た目通りの美味しさなのですが、それだけではなくて、脂控えめ、塩分控えめ、豆腐やら穀物類やら、めっちゃヘルシー&ビューティ。

サラダとスープ。シンプルだけどおいしい。

前菜3種もおしゃれにサーブ。

そしてメインは、月替わりのパスタ2種盛り合わせ。
8月は、「海の幸のアラビアータ」と「岩手豚と枝豆のジンジャーソース」でした。

パスタの2種盛りもキレイ。

「海の幸のアラビアータ」は、ピリ辛スパイシーなトマトソースに、海老・イカ・アサリを和えた、太陽と海の恵みたっぷりの、まさにイタリアンな美味しさ。
「岩手豚と枝豆のジンジャーソース」はそのまんま、岩手豚&枝豆にピリッと生姜を効かせた、さっぱり和風テイスト。
食欲減退の季節に、唐辛子&生姜という食欲をそそる気配りが施された、美味しいだけでなく、おもてなしの心伝わる2品でした。

そして、それ以上に特筆すべきなのは生パスタ。ものすごい弾力でモッチモチ。ソースとも良く絡み、口福な食感が楽しめます。
ただ、もたもた食べていると全部くっついて固まりになってしまうので、おしゃべりのし過ぎに要注意です。

ちなみにest. にはもうひとつ、和風est.ランチというメニューがあります。こちらはパスタのかわりに、五穀米や季節の食材を使った2種類のご飯ものがセットになって、価格は同じ980円。
ということは、2人で行って、それぞれest ランチと和風est.ランチを頼んで半分ずつにすれば、パスタ・ライスセットができる…。
次回には、ぜひ試してみたいと思います。