中央林間盛り上げ会議│Vol.16 そばの名店は中央林間にあり(2)


中央林間盛り上げ会議

中央林間盛り上げ会議│Vol.16 そばの名店は中央林間にあり(2)


戦略室ヤマシタです。

私たちが向かったのは まるぬき さん。中央林間駅から歩いて5分かからないくらいの立地でのれんを出している、蕎麦の名店です。

この日はとっても暑く、我々も涼し気な食べ物を求めていましたので今日の企画は渡りに船。とても楽しみです!



楽しみをカラダで表現する私たち。

まるぬきさんの店内はジャズが流れるスッキリ小洒落た空間です。店内はカウンター7席、テーブル2卓とこじんまり。ご夫婦でしょうか、お二人で切り盛りしていらっしゃいます。

店内にはそば粉を挽く石臼も回っていて、自家製蕎麦に対する自信がうかがえます。美味しい蕎麦を食べに来た!という気持ちが高ぶりますね。

実は先日、ちらっと伺ったのですが、その時にはお昼まっただ中だったのもあって、お店の外にも行列が。こういう雰囲気いいところもあって、人気店なんでしょうね。

メニューはこちら。

『蕎麦屋ならではのお昼を…』の文字につい惹かれるも、わずか6種のメニューなのに、どれにしようか決めきれない(笑)。本気でどれにしようかと悩んで、結果、そば屋のカレー丼と蕎麦に決定。(天ぷらも捨てがたかった…!)

まるぬきでお蕎麦をいただく

待つことしばらくして、到着!!

細打ちの見た目がとってもキレイなお蕎麦、そしてたっぷりのルウがかかったカレー丼。香りもいい感じに私の空腹を刺激。間髪入れず、いただきます!

まずはお蕎麦から。キレイに切りそろえられたお蕎麦。コシはやや弱めに感じましたが、ただ喉越しがすごく良くって、箸が止まらない。一口すすって、爽快な喉越しをもう一回もう一回…と味わってゆくうちに、「え?もう食べきっちゃったの?!」という感じ。甘め仕立ての蕎麦つゆとの相性もあって、ものの数分で完食。しまった、もっとバランスよく食べるつもりだったのに…!!(笑)

で、もうひとつ、カレー丼。具は豚肉と長ネギの2つだけ。シンプルですが、これぞお蕎麦屋さんのカレーって感じ。実はカレー丼初体験の私なんですが、見た目だけで絶対美味しいに決まっているカレー丼の中身をまじまじ眺めておりました。

一口、いただいてみても想像通り、いやそれ以上に美味しい。トロッとしたカレールウはスパイスが効いていて、具材の味とうまく絡んでます。噛むほどにじわっじわっと肉汁のしみだす豚肉と、しっかりと煮こまれつつも、シャキシャキ感を失わない長ネギの相性も最高ですね。

しっかりと味わい、大切に食べていたつもりが、こちらもいつの間にか完食!

一方、同行したカガヤさんが注文したのは、ポン酢で食べる鷄天(ご飯付)

鶏天は、「さくふわの衣と柔らかめの鶏肉の優しい味が口の中でとろける!」ですって!しかも、もともと鶏天自体に味はついているのですが、ポン酢をちょこっと付ければさっぱり味で二度楽しめて、ちょっと苦味のある水菜とも相性がよかったそうですよ!

お蕎麦の味も、さらっとした喉ごし、わさびと一緒に鼻に昇ってくる香りが本格的。きちんとそばの実を石臼で引いている証拠なんでしょうね。。

どちらも、1000円以下でボリュームも十分の大満足。これはまた他のメニューも試したくなるお店ですね。ちなみに、まるぬきさんは夜の時間も営業しているそう。カウンターに並べられた日本酒を楽しみながらのお蕎麦なんて最高ですね。

まるぬきはこちら