中央林間盛り上げ会議│Vol.17 運転見合わせに強いぞ!中央林間(1)


中央林間盛り上げ会議

中央林間盛り上げ会議│Vol.17 運転見合わせに強いぞ!中央林間(1)

ヤマシタ
17回目の中央林間盛り上げ会議を始めます。
それにしても、今年は台風が多いですよね。
この会議中の今も台風通過の真っ最中ですし。
アベ
今年って9月の上陸回数は過去最多みたいですよ。
そうなると僕的に心配なのが、電車の運転見合わせ。
通勤途中で電車が止まってしまうと、困るんですよね。
カガヤ
人身事故でも、たびたび止まっているしね。
小田急も東急も、頻繁に振り替え輸送している印象だな。
ヤスダ
でも、中央林間には小田急線と東急田園都市線の両方の駅があるっていうのは逆に強みですよね。
どちらかが止まってもちょっと迂回すれば、東京方面・横浜方面両方に出られますし。
ヒトミ
たしかに。営業さんも、よく
「小田急止まった!」
「東急止まった!」
とか言いながらも、結局出かけていますよね。
やっぱり迂回ルートがあるんですよね。

でも、具体的にどんなルートを通ればいいいんですかね?

サトウ
グルメだけじゃなく、たまにはそういったお役立ちの情報のまとめ記事もいいかもしれないな。
ヤマシタ
では、今回は鉄道が運転見合わせになっても中央林間からどう迂回すれば都心や横浜にいけるのか、調べてみましょうか。
ヤスダ
じゃあ、今回は僕が調べてまとめておきますよ!

 

 

まずは中央林間駅と小田急・田園都市線について調べてみよう

というわけで、ヤスダです。

まずは、各路線の中央林間駅についての基礎的なデータから調べてみました。

中央林間駅は小田急江ノ島線と東急田園都市線が利用できるターミナル駅。
2015年の1日平均乗降員数は小田急線で97,382人、東急田園都市線で105,743人。
両駅合わせると20万人以上が、毎日、中央林間を利用している計算になります。

出典:小田急電鉄 1日平均乗降人員 http://www.odakyu.jp/company/business/railways/users/#section-2東急電鉄 2015年度乗降人員 http://www.tokyu.co.jp/railway/data/passengers/

 

さて、今年の8月1日から9月25日の約2か月間で、小田急線・東急田園都市線が遅れたり運休・運転見合わせになった回数を調べてみると、結果は次の通りでした。

遅延した回数 運休・運転見合わせ・不通区間になった回数 合計
小田急線 12回 13回 25回
東急田園都市線 4回 11回 15回

出典:小田急線列車運行状況twitter(@odakyuline_info)東急線運行情報【公式】twitter(@tokyu_official)

※twitterアカウントで発信された遅延・運転見合わせ情報から算出。
※同一の原因と思われる情報についてはまとめて1件とカウント。
※twitterアカウントの情報発信方法の違いがあったため、小田急線は全線を、東急線は田園都市線について言及しているものについてカウント。

 

小田急線、東急線それぞれのtwitterアカウントでは情報発信のルールがちょっと違いますが、
小田急線はおよそ2.2日に1回、東急田園都市線はおよそ3.7日に1回のペースで、路線のどこかで遅れや運転見合わせが出ている計算になります。

ときどき電車が遅れたり止まったりしているなあという印象だったのですが、
実際に数字にしてみると、思った以上の数字が出てちょっとびっくり。

小田急線も田園都市線も運行距離の長い路線ですからね、安全に時間通りに運行するのがどれだけ難しいかってことがよくわかります。
僕たちも電車に乗るときには、万一に備えて、時間に余裕を持ちたいものですね。

とはいえ、台風のように天気が荒れたり、人身事故が起きてしまったりと予期せぬトラブルが起きる可能性もあるのが事実。
中央林間から出かけよう!と思ってたところで交通機関が止まってしまったら…さて、どうしよう。

 

ということで、小田急線・東急田園都市線を使って、具体的にどのようなルートを通れば行きたい方面に行けるのか。
路線図とともに以下にまとめてみました。

 

東急田園都市線が止まった場合

渋谷方面

小田急線の下北沢駅から京王井の頭線渋谷駅行きへの乗り換えがスムーズです。
所要時間も50分弱なので、東急よりも10分ほど時間がかかるくらい。
もし井の頭線がだめでも新宿からJR山手線に乗れば問題ありません。

 

横浜方面

中央林間から横浜へのルートは複数ありますが、
田園都市線が止まってしまったら、小田急線の大和駅から相鉄線に乗り換えて、横浜行きの急行に乗車しましょう。
普段でも相鉄線のルートを使う人は多く、横浜線を使った時と所要時間はほぼ同じですが、料金は若干お安くなります。
相鉄線も使えない場合には、小田急線町田駅からJR横浜線で横浜に行くことができます。

 

大井町方面

小田急線の登戸駅からはJR南武線に乗り換えれば、JR武蔵溝ノ口駅に到着します。
そこから歩いてすぐの場所にある東急大井町線 溝の口駅から大井町に行くことができます。
途中、自由が丘で東横線に、大岡山で目黒線に、旗の台で池上線に連絡しています。

 

小田急線が止まった場合

新宿方面

東急田園都市線で渋谷駅まで出て、山手線で新宿駅へ。
所要時間は小田急の新宿直通の快速急行に比べると約10分かかりますが、
小田急の乗り換えがスムーズでない場合なら、早く着くこともあります。

 

藤沢方面

小田急江ノ島線でつながっている藤沢駅にも、東急とJR線を乗り継げば問題なし。
東急田園都市線で長津田駅から横浜へ。そこからJR東海道線にのれば、藤沢駅へ一本です。