リベラルが選ばれる理由


リベラルが紙のチカラを信じている理由。 Webメディアの良さとは一線を画す、紙媒体の3つの良いところをご紹介。

紙媒体のメリットといえば、まず「閲覧性」と「一覧性」があげられます。販促物はもちろんのこと、カタログやパンフレットなど多ページに大量の情報を掲載できる紙媒体は、パラパラとめくって好きな情報、気になった情報から読むことができ、情報への到達効率が高いのが大きな特長です。

手にとった時の感触にこだわることのできる紙媒体は実際、制作・発行コストがWeb媒体よりもかかります。しかし、この質感へのこだわりと、そこにかかる手間とコストが手にした人に対して特別感と信頼感を演出します。例えば、富裕層に対する案内、自社のVIP会員に対するお知らせなど、やはり画面で見るだけのWeb媒体より圧倒的に特別感を出すことができるのが紙媒体。また返報性の法則によるレスポンス向上も見込めます。
※返報性…人に何かしてもらったとき、何かお返しをしないと申し訳ないと思う心理効果。

フリーペーパー、折込広告、DM、カタログ、パンフレットなど、送り手の特性に合わせた豊富なリーチ手段を備えるのも紙媒体の魅力。さらに、こうした紙媒体は、物理的に手元に残る保管性に優れ、繰り返し読めるため記憶に残りやすいというのも大きなメリットです。大切な情報をしっかりと送り手の心に残し丁寧な広告コミュニケーションを創り出せることは紙媒体の最大の特長といえるでしょう。

リベラルが提供する広告コミュニケーションで、なにより大切にしていることは人から人へと「深く伝わる」こと。ボリューム重視のWeb媒体や、インパクト重視のマス媒体に比べ、見る人の心に深く強く情報の足跡を残せる紙媒体ならではの“伝達の質”は、これからも決して変わることのない広告業の本質だと、私たちは考えています。

リベラルは創業以来、お客さまとface to face。つまり、対面営業での距離の近いコミュニケーションを大切にしています。お客様の課題を直接聞けるため、理解度の高いご提案ができることで、お客さまの信頼を得てきました。今では常に200社以上もの多彩なお客さまとお付き合いをさせていただいています。

リベラルには、社内に、クリエイティブディレクター、コピーライター、デザイナーといったクリエイティブのプロを揃えています。営業は、彼らと三位一体のチームを組み、確かな対応力と提案力でお客様の課題を迅速に解決します。さらに、印刷会社への発注やカメラマンの手配、媒体社との交渉など、広告が出来上がるまでのすべての責任をもって行わせていただきます。

リベラルが得意とする分野

会社案内制作実績多数。リクルート案内もおまかせ。

学校、通信、製造、流通、IT、サービス、不動産。多種多様な業種の広告制作に対応。各種業界への知識の蓄積と、クリエイターの柔軟な発想をもとに、取引先へ、就活の学生へ、会社の魅力が伝わるツールをご提案いたします。

取材や編集も、自社コピーライターが対応。社内報や広報誌を、広告クオリティで制作。

編集企画立案から、取材、ライティングまで、社内のコピーライターが対応可能。社内報、広報誌と言った冊子も、コピーライター×グラフィック・デザイナーの手によるクオリティの高い印刷物に生まれ変わります。

学校案内からオープンキャンパスのプロモーションまで、各種学校ツールにも精通。

2018年以降、減り続けていく受験生。その中でしっかりと存在価値・個性・セールスポイントを際立たせ、一人でも多くの、優秀な学生を集めるために。メッセージから仕掛け・仕組みまで、様々なシーン&ツールでお役に立ちます。

御社のカタログ・パンフレットは、営業ツールとして機能していますか。

商品やサービスの魅力が余すことなく伝わるように。営業が対面で説明しやすいように。ご要望を伺ったのち、ページ構成とデザインをご提案。綿密な打ち合わせを重ね、お客さまが納得のいくツールに仕上げていきます。