54字のマジック。


コピーライターのTです。

今回はちょっと古いネタで、
もしかしたら知ってる人もいるかと思いますが
2年くらい前に話題になった
究極の短編小説「54字の物語」です。

9マス × 6行の中で展開される意味がわかるとハッとさせられる
物語の数々は本当に秀逸。

例えば、ほんのさわりだけ紹介すると


引用元:https://www.php.co.jp/news/2018/06/54bungaku.php

これ、意味わかりますよね?

 

そしてもうひとつ。


引用元:https://twitter.com/hitoebito/status/1014533691073179648

これは意味がわかるか…というより
パズル的な構成に気づくと
ひとつの文章の中に結末が違う
2つの文章が浮かんできます。

 

文学的なものから、歴史もの、ちょっとゾクッとするものなど、
とにかくシリーズがたくさんあります。

もし興味があったら、読んでみては。