キャッチコピーでバズらせたい!!!


お久しぶりです。
音楽・競馬・相撲担当の深澤です。
コロナウイルスの件、
なかなか見通しが立たないので不安になりますね…

そんな中、各方面で無観客でのイベント実施が話題になっています。
深澤的に一番気になったのは、『NUMBER GIRL』のライブです。
元々観客の有り無しに関わらず動画配信予定だったようですが、
配信されていたライブ動画では、
演奏するNUMBER GIRLの前にある無観客によって空いてしまった観客用のスペースで、
森山未來が踊りまくるという斬新な演出。
ただただ『ロックだな。秀徳すげーな。OMOIDE IN MY HEADだな。』とプルプルして観ておりました。
残念ながら動画配信が終了してしまいましたので、
深澤が学生時代(かれこれ18年以上前)に手に入れて、
大事に保管していたNUMBER GIRLフライヤーをイメージとして載せておきます。

 

次に気になったのは、深澤の副業である競馬です。
なんと76年ぶりに無観客で行われました。
76年前は戦時中とのことで、
むしろ戦争中に競馬を開催していたことが驚きです。
騎手の方々としては観客がいないのは盛り上がりに思いますが、
普段のTV中継の音声では拾えないレース中の音や声が聞こえるのは
競馬ファンとしては新鮮に感じました。

そして大相撲の春場所も75年ぶりの無観客開催(予定)になりそうです。
75年前は東京大空襲後で、こちらもなぜ?と思うくらいのタイミングで開催していたようです。
結びの一番での番狂わせ時に座布団が飛ばないのは盛り上がりに欠けますね。
先日のジャンクスポーツで、力士の方々(深澤は豊ノ島推し)が、
自分の勝利で座布団が舞う状況は感動すると話していました。
力士の方々の為にも、何とか座布団を飛ばす手段(自動座布団飛ばしマシーンの開発)を日本相撲協会に考えて頂きたいものです。

 

で、今回の本題は別にあります。
広告屋として広告っぽいネタを。

自分の乗っている車について話題にする時があるのですが、
深澤の乗っている車の車種について話をした時、
相手のリアクションは以下のような傾向になります。

40歳未満→ほとんどの人が『知らない』と答える
40歳以上→なぜか当時のCMのキャッチコピーもしくは『ドラえもん』と答える
アニメ『ゆるキャン△』好きの方→『お姉ちゃんの車』

皆さん、車種わかりましたか???

正解は↓

日産のラシーンです!
(なんとなく新居をバックに撮影してみました)

2000年に製造が中止されているので、
30歳代以下の方に知られていないのは仕方ない…
今はSUVが人気ですが、ラシーンは少し時代を先取りしすぎたかもしれません…

ただ、40歳以上ほとんどの人が『ラシーン発進』というCMのキャッチコピーの話をします。
車自体は既に絶滅危惧種であんまり売れなかったのにCMのキャッチコピーだけは皆さんの心に残っているようです。
キャッチコピーの力って凄いなと話をする度に思います。

ちなみに『お姉ちゃんの車』でネット検索すると最上位にラシーンの記事が出てきます(笑)

ラシーン発進【R#NB14型】

他に車のCMで思いつくキャッチコピーと言ったら『いつかはクラウン』でしょうか。
リアルタイムでCMを見てないのに、なぜかこのキャッチコピーを知っている人も多いと思います。
記憶に残るだけでなく、キャッチコピーにより商品のステータスを高くイメージ付けしている気がします。
これも広告の力かなと。

いつかはクラウン【MS-120 系】

好きなCMのキャッチコピーはまだまだたくさんあるので、
機会があれば改めて書きます。(1995年のポカリスエット・1988年のサモンなど)
エンドユーザーに刺さるキャッチコピーを欲しているクライアント様は、深澤にご連絡ください!