広告知識はここから!目的を明確に

広告の作り方 Vol.2 「”どう”するために作るの?〜目的をはっきりしよう!」

こんな話があります。 タヒチで日焼けサロンを開業したり、製氷機をアラスカで売るのは、どう考えても無理があります。 なぜでしょう? すでに欲望が満たされてしまっているからです。 これを広告に置き換えて考えてみて下さい。 あなたの広告は、お客様の求める欲望を満たすメッセージを発信していますか? ここに答えがなければ、売れる訳はありません。なぜなら、商品は自分の欲求を満たしたり、不都合なことを解決するための道具だからです。 あなたの商品は、人にどんなよい未来を作り、どんな不便を解決してあげられるのでしょうか? それが明確に表現されている広告なら、売上アップはできます。 なのに、自社商品に惚れ込むばかりに、商品の性能や説明ばかりの広告物をよく見かけます。これは「目的を忘れてしまっている広告」です。だから、売れないのです。

 

売れる広告のためには、まず「誰」がターゲットなのかを!

太陽に手を伸ばしているイメージ

広告物を作ろうとした時に、まず考えがちなのが、「どんなデザインがいいんだろう?」「どんな写真を入れればいいんだろう?」だったりします。 違います! まず、最初に考えなければいけないのは、「誰に、何をしてもらうために、つくるんだろう?」ということ。 オリエンテーションにお話を伺いに行くと、ここがはっきりしていないことが意外に多いです。 ここをしっかりしておくか否かで効果も大きく変わります。 ここがはっきりしていれば、表現としてどのようなものがいいのか? あるべき王道の方向性~打ち出すべきメッセージ、入れるべき要素、デザイン的な色合いや文字の大きさなんかも、すべてが決まってくるのです! では、具体的にお話を進めていきましょう!

 

広告、チラシの目的は、だいたい ・商品を売りたい ・集客をしたい ・会社や業態、サービスの情報を広く知らしめたい(ブランディング) の大きく3つに分かれると思います。実は、考え方の筋道は、大きく変わりませんので、とりあえず、ここでは「集客したい」ということに絞って話を進めてみましょう。

 

まず「誰を」集客したいのか? 「誰でもいいから来てほしい」。それは本音かもしれませんが、サービスや業態などによって、”メインで来るであろう客層”というのがあるはずです。その”メインになる人”をはずしてはいけないし、そこをはずして、それ以上の他の層の人が来る保証はありません。ですから、その”メインで来る人”をしっかり見つめる必要があります。

 

では「誰」とは「何」でしょうか?

虫めがねを持った外人の女の子

・年齢層 ・性別 などの定量的要素だけではなく、 ・趣味・趣向性など ”人の顔”が見えるような要素も入れて「実在する一人」に近づくように設定しましょう。マーケティングで言うペルソナというもので「製品がターゲットとする人物像」を意味します。 そのようなストーリーのある明確なターゲットを持つことで、広告表現のあるべき姿~期待される効果などにブレがなくなり、効果的な広告がつくれると言われています。 では次回はそのペルソナの作り方~ターゲットの設定方法を具体的に見ていきましょう。

保存