花粉症は本当に大変


デザイナーIです。

さて、すでに2018年も4月。
すっかり暖かくなってまいりました。
今年は随分暖かくなるのが早く、すでに20度超の日も。

というわけですっかり桜も散ってしまい、
これからの入学式には桜なしの状態です。少し寂しいですね。

あまりに暖かいものですから、スギ花粉の方も絶好調で、
花粉症持ちでない自分ですら目が痒くなることがしばしば。

国民の25%以上がスギ花粉症といわれる時代だそうで、
スギ花粉症に効く究極の治療法はまだないのが現状だそうです。

花粉症の方は大変そうですね。
薬飲んで眠そうにしてたり、
病院で鼻の内部の粘膜を焼いて、レーザー治療したりもするんですね。
舌の下にスギ花粉の液を滴下してスギ花粉症を治す「舌下免疫療法」や
スギ花粉の液を皮下注射による免疫療法もあるようです。

季節の変わり目に多くなる、
鼻水や鼻づまり、くしゃみ、さらには微熱、だるさなど、
花粉症か風邪か判断しづらいこともあるようですが、
まずは病院を受診して診察、検査を受けることが良いそうです。

自分は、ありがたいことに、治療を受けるほどひどくはないのですが、
目が辛くなった時には目薬を刺します。

鼻が辛くなった時にはこれと試してみようかと思っています。