ニセモノの偽物はやっぱり偽物。


デザイナーKです。

〈バイク用のドライブレコーダーとして使える激安アクションカメラが欲しい!〉

アクションカメラといえばGoPro。
お値段5万円~3万円台。

高ーい!

低価格の選択肢として
中国製の「SJCAM」というのがあります。
控えめに言ってGoProコピー疑惑のパチモンですが、
GoProの半値と考えても性能は悪くないようです。

良いものの模倣品が出るのがかの国の常識。
今度はその「SJCAM」のパチモンが
大量に出回っている状況です。
このせいでSJCAMが欲しくても
ニセモノが怖くて安易に手を出せないという…。

国内通販サイトでは5,000円前後から、
怪しさの宝庫eBayでは海外送料込みで
なんとびっくり1,500円以下から売っています。

と言った経緯で「ニセモノ上等!」と
eBayで発注したのが5月上旬。
到着予想を見ると6月の上旬には届く予定。

〈来ない…〉

予定日を過ぎても到着せず。

低評価つけて大筋主張が通じればいいやと
翻訳サイトを噛ませて業者とやりとりして
やっと手元に到着したのは7月の上旬。

[ハコも潰れてるしもうひどい]

[一見充実の付属品(ぜんぜん使えない)]

気を取り直して開封~試し撮り。
コレはひどい。想像を上回るひどさ。

画質はなんというか、
暗めのコントラスト高め。
昭和のフィルムの雰囲気。

それは…まあ良い。
とりあえず写ればそれでいい。

致命的なのが画角。
アクションカメラといえば
普通は画角が左右160°前後。
肉眼で普通に意識する感覚
(50°前後と言われています)より
だいぶ広いのが特徴ですが、
簡易的に測ってみると左右30°くらい…。
この数字はいわゆる広角~標準を通り越して中望遠レベル。

アクションカメラとしては使えません…。

ほぼ同じ場面を型落ちGoProで撮ったもの。
手ブレがひどいのはご容赦。
圧倒的に画角が違うのがお分かりいただけると思います。

画質はともかく画角さえ良ければ
まあ使えなくはないんですが…。

動体検知機能があるので
監視カメラには使えるかもしれません。

うーん。
とりあえずお守りがわりに
バイクに付けておきます…。