パーソナルカラー・骨格・顔タイプ診断を受けてきました。

おはようございます。デザイナーのわたなべです。
今日は女子ウケしかしないような話をしようと思います。

最近流行りの、パーソナルカラー・骨格・顔タイプ診断を受けてきました。
パーソナルカラーとはものすごくざっくり説明すると、
その人の生まれ持った髪・肌・瞳の色と調和する(似合う)色のことです。
骨格、顔タイプは名前の通り、プロに自分はどんな骨格で顔のタイプなのかを診断してもらいます。

この診断を受けると、自分に似合う素材や色が分かるので、服やコスメ選びに時間をかけずにすみます。
更にうまく使いこなせば、なんか似合わないなーと思っていた洋服も、
自分に合うように取り入れることができたりします。

私が受けようと思ったきっかけは、試着せずにネットで服やコスメを買いたいから。
なるべくお家に引きこもっていたいけど、失敗はしたくない・・・。というわがままな願いがずっとありました。

このテイストが好き!という強い思いがあれば、もちろんそっちを優先するべきですが、
私のように優柔不断でチャレンジ精神も無い方には、自信が持てるようになるのでとってもありがたいです。

 

パーソナルカラーの大きな分類は「ブルーベース」と「イエローベース」。
その中で更にトーンの明暗で、ブルーベースは「夏」「冬」と、
イエローベースは「春」「秋」の4つに分けられるそうです。
診断方法は、それぞれのベースの代表的な色の布を胸元に当てて、
どちらが顔色がよく見えて調和しているのかを見てもらいます。

ちなみに私の診断結果は、ブルーベースの夏で淡〜い明清色が似合うという結果でした。
黄色味よりも青味がかった色が得意で、濃い色だと顔が負けてしまいます。


確かに、オレンジや黄色の布を顔に当ててみると、そばかすが共鳴して目立ったり、
顔がくすんで見えて具合が悪そうな顔になったりして面白かったです。

何回も試着した結婚式のカラードレスも、
今思えば一番しっくりきた薄い水色を選んでいたので腑に落ちました。
診断を受ければ、↑こういうところで時間短縮もできたりします。

 

自分の顔色がよく見える色が分かったあとで、
骨格を診断してもらって着痩せできる服の形を教えてもらい、
顔タイプ診断で、自分の雰囲気に合う素材や色味を教えてもらいます。

一番大事にするのは、外面のぱっと見の雰囲気ということで、
顔タイプを優先して似合うブランドを選び、
パーソナルカラー(顔色がよく見える色)と骨格(スタイルがよく見える形)を意識して
服やコスメを選ぶのがいいそうです。

あくまでも外見だけで診断していただいているので、それ以外は全く似合わないというわけではありません。
診断していただいた先生は、顔のタイプはカジュアルが似合う子供顔なのですが、
自分の似合う格好をすると親近感がありすぎて、教える立場としての信頼感が無くなってしまうため、
“先生っぽさ”を出すために、大人タイプに寄せたメイクと服装をしていました。

強調して見せたい部分にあえて浮く色味を使ったり(リップとか)、
具合を悪く見せたい時(早退したい時とか)に苦手な色味の服を着るという
使い方もできるので奥が深いですね。。

診断を受けて、子供っぽさや大人っぽさのディティール、色が与える雰囲気などの知見が広がり
自分の見た目にももちろん、デザインにも活かせるー!と感じました。

 

自分に似合う色と形をプロに診断していただいて、ラクをして綺麗になれるし、
自分に自身が持てるようになってとっても楽しかったです。
奥さんや娘さんの誕生日などにパーソナルカラー診断をプレゼントなんて、
ものすごくセンスがあって素敵だなあと思うので、ぜひ!(個人の意見です。)

関連記事

新着記事

  1. Hardcore punk

  2. は、はじめまして!

  3. パーソナルカラー・骨格・顔タイプ診断を受けてきました。

  4. 同僚による同僚のための歌

  5. 宮本浩次さんのカバーアルバム ROMANCE を聞いてみました。

  6. 音楽を聴こう

  7. タミヤの説明文

TOP