夏の思い出。

営業の鈴木です。写真はイメージです。
『夏が来れば思い出す、はるかな尾瀬…』なんて、
懐かしい歌ですね。
私の夏の思い出は「葉とうがらし」です。

皆さんは「葉とうがらし」をご存じですか?
文字通りとうがらしの葉っぱの部分を食べるものです。
おにぎりの具になっている佃煮とは似て非なるものです。

母方の祖母が得意だったので、山梨の食べ方かなと思っています。
(京都でもよく食べると聞きました)

作り方はいたってシンプル。
まず、とうがらしの葉っぱをむしります。
出来ればお宅にある一番大きなザル、もしくはボールに山盛り一杯が望ましい。

それをきれいに洗います。
量が多いとちょっと大変。

洗ったら、今度は塩もみです。
葉っぱを塩適宜で揉みます。
この時、枝に残っている青唐辛子をお好みで混ぜます。
お子様がいたり、辛いのが苦手な方は2~3本、
気合がある方は、自己責任で目一杯入れてください。

嵩が1/5くらいになり、
英国車のようなモスグリーンの液が出てきますので、
それをきれいに絞ってください。

後は油で炒め、醬油で味付けします。
使っても酒くらい。
砂糖やみりんは一切使ってはならぬ。

少し水を入れて炒め煮状態にして出来上がり。
冷えたら白米にのっけてかっ込みます。

私は幼少のみぎり偏食で、ほぼ肉と魚を食べなかったので、
夏の時期はこの「葉とうがらし」とぬか漬けでご飯を食べていました。

最近では店頭で見かけることがめったになくなり、
幻となってしまいましたが。
見つけたら3把くらい買います。

枝に残っている青唐辛子は刻んで油でいためて味噌を混ぜ、
とうがらし味噌を作ると良いでしょう。

これが私の夏の“味の”思い出です。

それではまた。
バイビー。

関連記事

新着記事

  1. 最近教えてもらった“HEROS“CAMERA.

  2. 青春プレイバック!!

  3. かわ(革)!いい!出会い

  4. 「動画ってなに見てる!のお話」

  5. 続・A24映画、観まくってみました。

  6. ご迷惑をお掛けしております

  7. 寒い冬でも心はホカホカ

TOP