ターシャ・テューダー ミニミュージアム


こんにちは。
デザイナーKです。

『マザー・グース』やコーギー犬の活躍する『コーギービル』などの絵本で知られ、
バーモント州の広大な土地でガーデニング、農場など自給自足の生活スタイルが有名な
アメリカの絵本作家ターシャ・テューダーさんのミニミュージアムが
山梨県にあるということで行ってまいりました。

http://www.ttmmuseum.com/

晩年の暮らしぶりは映画化され、NHKなどでも放送され、数多くの出版物もあるため
マザーグースよりも近年はそちらの方が有名かもしれません。

このミニミュージアムはテューダーのほとんどの出版物の翻訳に関わった
翻訳家の食野(めしの)雅子さんという方が開館・運営しており、
当日も食野さんがいらしてお話を聞くことができました。

ミュージアムという性質上画像は少ないですが撮影可のパートをいくつか。

晩年のターシャ・テューダーさん

クリスマスカード

ターシャ・テューダーさん手作りの人形だそうです

直筆スケッチ

ベッドウォーマー。パイレーツ・オブ・カリビアンで見たことある!

 

冬季は雪のためオープン期間は4〜11月までとなっています。

小さいですが庭も見どころの一つ。

ダリア

ヤグルマギク

★●★●★●★●★●★●★●★●★●★●★●★●★●★●★●★●★●★●★●

その後は近くの『八ヶ岳倶楽部』へ。

ある程度の年齢の方なら『100万円クイズハンター』(古)で有名な俳優の柳生博さんの作った倶楽部です。
息子さんもNHKの『趣味の園芸』に出演されていました。

いつもはおばty…ご婦人方に囲まれて遠目で見るしかない柳生博さんが
珍しくお手空きの様子だったのでゆっくりお話を聞くことができました。

 

この屋根の上にある巣箱はニホンミツバチのものだそうで、
同じものは倶楽部内に3箇所設置しているそうです。

ここで採れた蜂蜜は倶楽部内のカフェレストランで238円で出しているとか。
2ほん3つ8でニホンミツバチのダジャレだそうです笑。

というわけで試してみました。
濃厚ともまた違う、蜂蜜の甘さと香りの奥に深いコクと
色々な花や木の香りが漂うワイルドな味。
量が撮れないのでここでしか味わえない一品。

注意して見てみると倶楽部内にニホンミツバチが飛び回っておりましたが…

撮れるかい!

ちょっと小ぶりでかわいいハチでした。

★●★●★●★●★●★●★●★●★●★●★●★●★●★●★●★●★●★●★●

と言うわけで東京からでも2時間程度で立ち寄れ、
自然を満喫できる山梨のおすすめスポットでした。