50歳の夏。半世紀生きても、いまだ天命を知らず。


CD佐藤です。
7月12日、50歳になりました。

ひと昔前は、50歳ってすごい年寄りな感じがしたのですが、いざ自分がなってみると、30代から40代になったときよりも、あんまり変わった感じがしません。

ちょっと白髪が増えてきたなぁとか、髪が減ってきたなぁと思うくらいで、体力的にも衰えを感じません。

 

50歳の有名人を挙げると、天海祐希、織田裕二、松岡修造、江口洋介、原田知世、南野陽子、三浦知良、坂上忍、東野幸治、中山秀征、中山雅史、有森也実、叶美香、ジェイソン・ステイサム etc.

ちなみに、先だって浦和レッズの監督になった堀孝史は中学の同窓生でした。話したことありませんが💦

 

今の50歳って、みんな若い。

同窓会に行っても、デブとハゲ以外は、みんなあまり変わっていません。

 

とは言っても、いよいよ老後のことを考えなければいけないし、会社でも自分の仕事だけでなく、後進を育成したり管理職としての役割がより強く求められたり、若い頃のようにはいかないこともいっぱい。

週に2〜3冊は読んでいた小説も、今さら他の人生を追体験する時間がもったいないので、読むのをやめてしまいました。

 

社会的にも、シニア世代に足を踏み入れることに。50歳になると、シニア割引が利用できるようになるものがあります。

JR東日本では、「大人の休日倶楽部ミドル」という割引サービスが利用できるようになり、お得なフリーパスを利用できるようになります。

「じゃらん」や「るるぶ」といったホテル予約サイトや旅行予約サイトでも、50歳以上を対象にした割引プランが用意されています。

どちらもなかなか使う機会がありませんが、実はもっと身近なものが割引になります。

それは、映画。

TOHOシネマズ、ユナイテッドシネマズ、109シネマズでは、夫婦どちらかが50歳以上なら、料金は2人で2,200円になります。

「トランスフォーマー/最後の騎士王」も、「スパイダーマン:ホームカミング」も、「ワンダーウーマン」も、1人1,100円で見られます。前売り買うより、レイトショーより安い。

これは使える。

はずなのですが、残念ながら2人で見に行かなければいけない。妻は誘っても来ないので、割引が使えません。

一緒に見に行ってくれる映画好きな女性、どこかにいませんか?