Apple Watch発売。 からの「赤坂 4丁目8番。」

赤坂4丁目8番

CDの佐藤です。
いよいよApple Watch発表!
iPhoneでできない機能は付いていないのに
本当に需要はあるのか?
デザイン性も評価されてはいるものの、
あれを日常使いするのって本当にカッコいいのか?
他社で出ているスマートウォッチが軒並みぱっとしない中、
グーグルグラスのようになってしまわないのか?
という不安満載で、
3月10日(火)午前2時からのスペシャルイベントを
待ちわびています。

果たしてアップルは、
次のイノベーションを起こせるのでしょうか。

ということで本題へ。

1960年代、黎明期の広告業界、
未だコピーライターが広告文案家と呼ばれていた時代。

西尾忠久という
日本のクリエイティブシーン自体をクリエイトした
コピーライターがいました。

3年前に亡くなられてしまいましたが、
今の日本の広告シーン、クリエイティブシーンの文脈の
そのほとんどは、突き詰めていくと
西尾忠久氏にたどり着いたりします。

氏が広告業界にイノベーションを起こしたといっても
過言ではないと思っているのですが、
その辺の話はまたの機会に。

で、タイトルの「赤坂4丁目8番」。
これは東急エージェンシーの本社が赤坂に移った時に、
西尾忠久氏のアイデアによって掲げられたもの。

クライアントがタクシーで訪ねてくる時に
豊川稲荷の向かいというのがいいか
虎屋の下というのがいいか
赤坂4丁目8番というのがいいかといって
当時の社長を説得したそうです。

袖看板にも番地表記が

以来40年以上にわたって、
東急エージェンシー本社のキャッチコピーとして、
青山通りの風景のひとつとなっています。

自由な発想で、コミュニケーションをデザインする。

新しくなければコピーではない。
クリエイティブでなければ、
コピーライターの資格はない。

最近の似たり寄ったりのコピーを見ていると
特にそう思うようになっています。

が、検索ワードにひっかけるためには
そんなこだわりも捨てなければ
いけないこともあるのでした。