広告営業~広告プロジェクトの企画・進行・予算管理まで。プロデューサーとして活躍する広告会社の花形~

第6回「広告会社の仕事~営業編~」

こんにちは。コピーライターの安田です。

これまで5回を通して、広告の仕事全般について書いてきました。ここまでで広告業界の仕事の全体像についてはお届けできたかと思います。

 

では、具体的にどんな人がどんな仕事をしているのか?

今回から、広告代理店を動かしている営業・コピーライター・デザイナーの仕事について、詳しく説明していきたいと思います。

まずは、営業編です。

 

広告営業は仕事全体を統括するプロデューサー

会社によって、AE(アカウントエグゼクティブ)、営業担当、提案営業などと呼ばれ方はさまざまですが、基本的にはみんな同じ職種。ちなみに、リベラルの場合は企画営業と呼んでいます。

仕事内容は、クライアントの皆様の直接担当として、課題のヒアリングやオリエンテーションに参加しながら、広告の完成・納品・実施すべての過程に関わります。

社内では、コピーライターやデザイナーと打ち合わせして、クライアントからの要望を伝えながら制作を依頼。

そのほか印刷会社やカメラマンなど外部への仕事の発注、スケジュール管理やコスト管理、品質管理における責任を担いながら、仕事にかかわるすべての担当者をまとめる調整役となります。

まさに、一つのミッションをまとめるプロデューサー的な役割を担いながら、日々多くの案件を動かしています。

 

広告営業インタビュー

S__12566531

実際どのような思いで仕事に取り組んでいるのか?入社4年目、若手のホープ、鈴木に話を伺ってみました。

Q.仕事上で大切にしていることは?

A. 広告は制作に入るまでは形のないもの。ですので、忘れがちなんですが、常に広告という商品を売っているということを意識しています。「どのような広告がクライアントには必要なのか?」「課題解決に役立つのか?」といったことを考えるように心がけています。

広告はその会社ごとにオリジナルで作ってゆくもの。同じデザインをほかの会社でも使う、なんてことはできません。その企業の事業内容や歴史、経営者の想いから、広告・広報の担当者の方の考え、その上司の考えなどなど、さまざまな情報を総合的に吟味して、方向性を決めていきます。

そのためには、仕事の依頼を受け身で聞くのではなく、一緒に考えながら打ち合わせをしていくことが大切。そうすることで、お客様とスムーズなコミュニケーションが図れていると思います。

また、リベラルの良さって、企画制作力ももちろんですが、営業の足回り・対応のスピードっていうところにもあると思うんです。クライアントの担当者に「急だけど、今日来れない?」っていう相談もよくあります。たぶん他社だと断られてしまうようなちょっとしたことにも対応する、そういう部分が意外と重宝されているのかなって思ってます。

Q.やりがいを感じるときは?

A. 自分の担当した広告の成果が出て、お客様に喜んでいただいたときが一番でしょうか。また、広告が生み出される過程が目に見えるのも、この仕事が楽しいところですね!

営業なので、もちろん数字はシビアに見ていますよ。毎月の売上目標達成を目指して日々営業していくので、時には辛く感じることもありますが、自分の仕事の結果が数字で残せたときには素直にうれしいですよね。次の月も達成してやろうという気になります。

Q.今後の目標は?

A. 売上を追求していくことはもちろんですが、それ以前に一社でも多くのクライアントのプロモーションに貢献していきたいと思っています。今まで担当していない業界のお客様とももっともっと出会っていきたいです。自分自身のキャリアにもつながりますので。


リベラルは中央林間に拠点を置きながら、東京・神奈川エリアを中心とした広いエリアで、企画営業が活躍中。そのフットワークの軽さが自慢です。些細なご相談ごとでもお伺いしますので、広告のご依頼をお待ちしています。