グラフィックデザイナー~視覚から感性に訴えかけるビジュアルづくりのプロ


こんにちは。コピーライターの安田です。営業・コピーライターに続いて、デザイナーの仕事についてご紹介します。

営業の仕事に興味ある方はこちらから。

コピーライターの仕事について興味ある方はこちらから。

 

広告のコンセプト・アイデアを視覚的に魅せるデザイナー

“デザイナー”とつく職業は意外に多かったりします。紙媒体のデザインをするデザイナーのほかにも、ウェブを作るデザイナー、服を作るデザイナー、事業モデルを考えるデザイナーなんていうのもあったりします。

そんな中で今回のテーマになっているのは、紙媒体の広告を考えるグラフィックデザイナーです。

グラフィックデザイナーは、ポスターや新聞・雑誌広告、パンフレット、カタログ、チラシ、看板など、さまざまな媒体の仕事を手掛けます。コピーライターとチームを組み、クライアントや営業から聞いた話を理解し、企画内容やコンセプト、ターゲットのことを考えながら、最終的に広告を形作っていきます。

制作する際に使うソフトは、以前にも紹介したPhotoshopやIllustrator、InDesign。画像や文字を組み合わせながら、いかに商品やサービスを魅力的に見せる広告を作れるかが勝負です。

ちなみに、ウェブデザイナーはグラフィックデザインもできる、グラフィックデザイナーはウェブデザインもできる、と思われている方も時々いらっしゃいますが、ウェブと紙媒体とはデザインの作り方が異なるため、必ずしもどちらもできるわけではありません(もちろんできる方もいます)。それぞれ専門の人がいると思ってください。

広告表現はコピーとビジュアルから成り立っている。

グラフィック表現は視覚を通じて感性に訴えかけるもの

ビジュアルは直感的にイメージを伝えることができるという特性をもっています。ビジュアルだけで質感を伝えたり、ライフスタイルを提案したり、スケールを実感させたりと、言葉では表現が困難なことも瞬時に伝えることが可能です。

LINEスタンプやsnowといった、ビジュアルを使ったコミュニケーションが特に若年層に人気ですが、ビジュアル表現のほうがインパクトという点で重視されている事実のひとつですよね。若年層の活字離れが進んでいると言われる現代、広告におけるビジュアルの重要性はますます高まっていると言えるでしょう。

広告制作において、絵作りを担当するグラフィックデザイナーはクライアント企業や商品、ターゲット、そして広告のコンセプトをよく理解しておく必要があります。ターゲットに届くように、メッセージを「どのようなイメージで表現するか」考えてゆくので、ビジュアルを起こす前段階でそれをどれだけ深く理解できているかが、制作スピードや完成したときのクオリティに大きく影響するのです。

広告としてちゃんと機能するよう、「きれいなビジュアルだから」「ぱっと見のバランスがいいから」だけではなく、その目的に応じたビジュアルづくりを私たちは行っています。

ビジュアル表現の特徴

  • 商品そのものを見せることができる。
  • コンセプトを描くことができる。その商品によって生まれるメリットや、その商品を持つ世界を描くことはターゲットの購入意識を直接・強く刺激することができる。
  • さまざまなインパクトを取り入れることができる。タレントやモデル、イラスト、写真、映像、CGなどの手法もあり、インパクトの強い表現を取り入れることが可能。

 

デザイナーインタビュー

では、実際どのような思いで仕事に取り組んでいるのか? 今回は今年の8月に入社されたばかりのフレッシュなデザイナー、阿部さんにお話を伺いました。

S__6823939

Q. 仕事上で大切にしていることは?

デザインを考える上で、自分らしさをどれだけ足していけるかを大切にしてきました。そのためには、逆に人の意見をきちんと聞くことが大切。ひとりよがりになってしまってはいけません。そうすると良いデザインは決してできないと思っています。

クライアントの意向を大切にしつつも、ユーザーに届く表現のバランスを取ってゆく。なかなか難しいこともありますが、その中で自分にしかできない表現を追求しています。

Q. やりがいを感じるときは?

やっぱりクライアントや周りの人たちから褒めてもらえた時ですね。「デザインよかったよ」「反応あったよ」とか。営業さんを通じて「クライアントがすごく喜んでたよ」なんて話も聞けたりすると、次の仕事のモチベーションにつながります。

また、この仕事は次々と新しいデザインをつくっていけることが魅力ですね。チラシ一枚でも一つとして同じ仕事はないので、毎日あれこれいろいろと考えながらデザインに取り組んでいます。

Q.今後の目標は?

リベラルに入ったばかりなので、まずは新しい環境に馴れることです。リベラルは総合広告代理店ですのでいろいろな業種のクライアントの仕事ができることを楽しみにしています。多くの経験を積んで、自分自身の成長につなげていきたいですね。


新しい戦力が加わったリベラル。阿部さんの入社でさらにご提案できるデザインの幅が広がったと思います。新しい広告デザインをお求めのクライアントの皆様、ぜひリベラルにご相談ください。