日帰りバスツアー繁盛記


浪費活動も仕事のうち。バブル世代CD、佐藤です。

先日、回転寿司屋のキャンペーンで日帰りバスツアーに当選し、妻と二人で参加してきました。メインはホテルの温泉&ランチバイキング。プラス周辺の観光施設めぐり。

観光施設では、どこへ行っても専任の案内人が待っていて、その後を、ツアー当選者18組37人がゾロゾロとついていく。

「宝石庭園」では、”これから2年間は宝石の価格が上がり続ける”といった宝石トリビアを聞きながら施設を見学。
「イオン体感施設」では、マイナスイオンや遠赤外線の効果を実体験。
「ハーブ園」では、庭園を散策しながら、野に咲くハーブでお肌ツルツル。

GR000904

その全ての施設において、見学しているうちに、案内人の話が少しずつ商品のセールストークに変わっていき、最後は、併設された店舗での物販に。

絶対に”買え”とはいわず、自ら欲しいと思わせるように、うま~くストーリーや演出が組立てられている。いうなれば、施設体験型エンターテインメント実演販売。

で、勧められた商品をスマホで調べてみると決して悪いものではなく、しかも卸価格なので結構安い。ついつい買ってしまおうかなぁと思ってしまう。

のだけれど、招待された無料のバスツアーで、トルマリンネックレスやトルマリンシーツや天然ハーブの化粧品なんて、絶対買わない。まったくいらない。

はずなのですが、宝石屋も遠赤シーツ屋もハーブ化粧品屋も大繁盛。1万円のネックレス&シーツを、結構みんな買っている。

さすがにそこまでの浪費に至るには商品が主婦向け過ぎだったのですが、「ここにある数だけ、1個千円!」と天然ハーブのクリームを並べられ、思わず手を伸ばしてしまいました。

ツアーの最後には、6月中有効の回転寿司1,000円割引券のサプライズ。今月は誕生日も記念日もないにも関わらず、外食の予定を緊急追加しました。

帰ってきてからネットで調べてみると、回った施設、全部同じグループ会社。バスツアー自体、40歳以上の女性には、かなりの高確率で当たるらしい。

バスツアー招待と割引券でユーザーを囲い込みつつ、提携企業の販売活動に誘い込む。提携企業は販売活動であることに気付かれないように(気付かれても不快にさせないように)、エンターテインメントを提供しつつ、複数の施設をワンパッケージにして丸一日ツアーで拘束し、実売に結びつける。その企画力と営業力に脱帽です。

いずれ、どこかのプロモーション提案にて、パクらせて参考にさせていただきたいと思います。

追記)
これから2年間、宝石の価格が上がり続けるのは、インド・中国あたりの成金の増加による需要増に加え、世界有数の宝石原石産出国であるブラジルにおいて、ワールドカップとオリンピックの準備のために労働者が駆り出され、原石を掘り起こすための人手がいなくなってしまっているからだそうです。真偽のほどは、定かではありませんが。