フード アンド タイム イセタン ヨコハマで、スシローとSPONTINIを食べてきました。


横浜生まれ、横浜育ちのCD佐藤です。

物心つく前からずっと工事が続き、行くたびにその姿を変えている横浜駅周辺。
最近では大きな工事が進み、行くたびにレイアウトが変わり、ただでさえ人が多いのに大混雑を招いています。

そんな横浜で軽く食事でもしようと思ってぶらぶらしていると、ひときわ混雑しているエリアを発見。
横浜駅みなみ西口、相鉄ジョイナスB1Fのスーパーマーケット、クイーンズ伊勢丹が、「食」と「時」のスタイル提案空間、「FOOD&TIME ISETAN YOKOHAMA」としてリニューアルオープンしていました。

高校生の頃(30年以上前)、通学路として毎日通っていた場所なのですが、同じ場所に今はなきハーゲンダッツショップがオープンした日、学校帰りに並んで、生まれて初めてクッキー&クリームを食べた、遠い記憶がよみがえります。

 

たまたま訪れたのは、オープン翌日の3月21日。

外の看板を見るとフードコートで食事もできるようなので、人混みをかき分け、入ってみることに。

入口近くは、スーパーマーケット「クイーンズ伊勢丹」を中心に、鮮魚・精肉・八百屋、和菓子・洋菓子・オーガニックのお店まで、通勤帰りの買い物に便利な食料雑貨店が揃っている「フードマーケット」エリアと、テイクアウトメニューが充実した「クイック・イートイン」エリアに分かれています。

◆「クイック・イートイン」エリア店舗

  • 神戸屋キッチン デリ&カフェ(ベーカリーカフェ)
  • Gooday Juice(フレッシュジュース)
  • PRONTO(カフェ&バー)
  • Soup Stock Tokyo(スープ専門店)
  • oeuf TAMACOサンド(タマゴサンド専門店)
  • ぼんたぼんた(おにぎり専門店)

よく見かけるお店から、横浜初のお店まで、手軽に利用できる軽食をラインナップ。

その奥に進むと、約130席が並ぶイートインスペース「カフェ&デリ プラザ」が現れます。

イートインスペースには、「フレッシュネスバーガー」、「リンガーハット」、「スシロー」といったお馴染みのお店から、焼き鳥屋「鳥ぷろ」、ピザ専門店「SPONTINI」、お茶漬け専門店「こめらく」、サラダ専門店「WithGreen」、担々麺&酸拉麺屋「武双」、スイーツ&ブレッド「町村農場 the MILK」、COFFEE STYLE UCCという、その日の気分や時間やスタイルに合わせて選べるお店が、テーブルを囲むように並んでいます。

訪れた日の気分は、なんとなくお寿司。スシローは、ただのスシローではなく、「スシロー コノミ」という、一貫から頼める新しいサービス形態のお店だったのですが、面倒臭いので寿司盛り合わせを頼んでしまいました。

「カフェ&デリ プラザ」のさらに奥は、ランチから宴会まで利用できる「カジュアル・ダイニング」エリアとして、和カフェ「カフェ ソラーレ Tsumugi」、「ビアホール だん家」、「Antenna America」というバラエティに富んだお店が集結。中でもクラフトビールショップの「Antenna America」は、ショーケースにズラリ並んだアメリカンクラフトビールから、好きな銘柄を選んでカウンターで購入し、その場で飲めるという、クラフトビール好きにおすすめの新スポット。
イートインスペースに持ちこんでもOKです。

が、クラフトビールはそんなに好きじゃない上にかなりお高めなので、ドリンクもスシローでレモンサワーを注文。
寿司もレモンサワーも、当然のごとく、普通にスシローの味です。

前に座っていたカップルは、リンガーハットのちゃんぽんと、SPONTINIのピザを食べていました。
実はここのリンガーハット、普通のリンガーハットではありません。
さらなる美味しさを追求したRINGER HUT YOKOHAMA PREMIUMとして、具材にこだわったより上質なちゃんぽんを出しているとのこと。大きな器に野菜たっぷりの具材が載せられ、見るからに食欲をそそります。
彼女の前に並べられたSPONTINIのピザは、3cmはあろうかという分厚いパン生地に、とろっとろのチーズがあふれんばかりにのっていて、いかにもインスタ映えしそうなビジュアルです。

美味しそうだなあと思って見ている私に気づいた彼氏は、私の前に置かれた、いかにも機械で作ったがの如く見劣りのする回転寿司を一瞥し、勝ち誇ったような顔をすると、「これ、すごく美味しいよ。ピザも美味しそうだね」と、聞こえよがしに、彼女に話しかけていました。

暗くて、狭くて、天井低くて、人であふれるイートインスペースは、ちょっと落ち着かないので、一回来ればもういいかなと思ったのですが、リンガーハットのちゃんぽんとSPONTINIのピザだけは、リベンジしようと心に誓いました。

 

そしてその週末。

SPONTINIのピザを食べに、「FOOD&TIME ISETAN YOKOHAMA」を再訪。

オープンから2週間の期間限定で、マルゲリータAセット(マルゲリータ1P+ソフトドリンク)が、650円のところ、500円になっていました。

ビジュアルからして、やっぱりものすご〜く美味しそう。

見た目どおりの味の上、ふかふかの生地の下にはクリスピーな生地が敷いてあり、ふたつの食感が楽しめて、すごく得した気分。

一度食べたらクセになる、一味違う初体験のピザでした。

次はPREMIUMちゃんぽんを食べに行くつもりだけど、ピザももう一回食べたいなぁ。

 

というわけで、わざわざ出かけていくほどのスポットではありませんが、横浜駅を利用する人にとっては、通勤の行き帰りからランチまで、イートインからテイクアウト&自炊まで、日常使いの中で、1日の食をバリエーション豊かに賄うことができます。

いまは座間市民になっていますが、どんどん便利に、その魅力を増していくにつれ、やっぱり横浜市民に戻ろうかなぁと思う今日この頃です。