サバゲーこと、サバイバルゲームをやって来ました


栁澤♂です!4月ですね!入園、入学、入社等、新しい生活が始まる方も多いのではないでしょうか。私も4月から部署移動がございまして、新規事業部から企画営業課に配属になりました。これから、バリバリ営業していきますので、どうぞよろしくお願い致します。

営業になって1回目のブログですが、趣向は変わらず、趣味などを中心に身近に起こった事など、徒然なるままに書き綴っていくブログ、4月編です。

 

さて、友人にサバゲーことサバイバルゲームに誘われたので、行って来ました。子供の頃から、玩具銃が好きで、

バネ銃(バネの力で弾を発射するタイプの銃)→エアガン→ハンドタイプのガスガン→ライフルタイプのガスガン(フルオート付)→電動ガン

という流れで、玩具銃を所有はしていたものの、周りでサバゲーやる人が少なかったことと、女性ウケがよくないので公言はしていなかったのですが、突然誘ってもらえたので、喜んで参加しました。

サバイバルゲームとは、バネ銃、エアガン、ガスガン、電動ガン等とBB弾(球形のプラスチック製弾丸)を使って行う、戦闘を模す遊び若しくはスポーツです。そして、意外にも日本発祥の遊びだそうです。最近は、サバゲー人口が増えてきたことと、そこら辺の河原や公園でやっていると危険なので、フィールドを借りてやるのが主流だそうです。あと、迷彩服とフルフェイスのゴーグルに銃を持ってゲームをやる人がほとんどなので見た目が怖い(笑)。

フィールドの種類も多岐にわたり、アウトドア系とインドア系があり、林・森・山岳・砂漠・草原・廃工場・市街地等があります。中には、6階建ての廃ビルが丸ごとフィールドになっている施設もあるようです。

 

今回は、千葉県にある廃工場のフィールドをお借りしました。サバゲーのルールも色々あるのですが、今回は7対7のセミオート(引き金を1回引くごとに弾が1発発射される)のみの殲滅戦でした(どちらかが全滅するまで戦います)。

その他に、フラグ戦や防衛線、それらを組み合わせた混合ルールなどもあります。

そして、1発でも身体や装備に当たったら「ヒット」と宣言をして、「ホールドアップ」しながら、セフティゾーンまで帰還します。ヒットを宣言しないと、撃たれ続けるので、結果ハチの巣状態になります(笑)

安全第一が見えますね。廃工場です。鉄パイプが組まれ、1階と2階に分かれています。

2階からの眺めです。2階からは1階を狙い撃ちします。1階からは障害物に隠れながら、隙を見て、2階に突入を狙います。突入時、援護射撃との連携が重要です。

1階はこんな感じです。薄暗いので、たまに味方を誤射しちゃうとか、しないとか。

服装はこんな感じ。マニアではないので迷彩服ではないです。

撃たれると赤く腫れあがります。1週間ぐらい痛みと赤みが消えませんでした。しかも、5時間ぐらい休憩なしで遊んでいたので、全身10か所以上被弾していました。痛かったです。

最後に、サバゲー好きの方が数名いらっしゃったので、電動ガンの写真を撮らせてもらいました。この方、これだけではなく、他にハンドガン含め10丁ぐらい持って来ていました。う~ん、羨ましい。

ほとんどのフィールドで、レンタルがあり、銃も迷彩服もゴーグルも貸してくれるので、初心者でも大丈夫です。やってみると痛いですが、かなり楽しいですよ!!

以上、ちょっとマニアックな遊びに誘われたお話でした~。

ではでは~、また来月。