沖縄で食べたものたち


営業の鈴木です。

行けてません、沖縄。
ゴールデンウィークには、ガッツリ沖縄を満喫するはずだったのに。
しょうがないですね。
大手を振って行けるまで我慢です。

そこで、今回は沖縄で食べた、沖縄らしい食べ物を振り返りつつ、
次の沖縄行を心待ちにするとしましょう。

最初は「イカスミ汁」

イカや豚肉などを入れた味噌味の汁にイカスミを入れたもの。
サ〇ゼリアのメニューにもイカスミパスタがあるので、
今となってはびっくりしませんが、
でも真っ黒ですね。
勿論大変美味しゅうございます。

こちらは、その発展形(?)イカスミ焼きそば。
沖縄そばの麺を使っています。

これも美味しいです。
イカスミをお気に入りのシャツに飛ばしてしまって、
必至に染み抜きしたのも良い思い出です。

次は定番、テビチの煮つけ。

沖縄料理の定番ですが、
この、煮つけと言ったらよいか、おでんと言ったらよいか。
これが一番美味しかったので紹介しました。
これは奥さんの大好物です。

これからちょっとディープです。
そして「骨汁」

沖縄そばの出しを取った豚ガラを汁物に仕立てたもの。
食べ終わるとこうなります。

骨に付着しているお肉をこそいで食べる感じで、
見た目よりずっと上品なお味です。
これを食べたのは奥さんです。大好物です。

次は先日、某ケ〇ミンショーでも取り上げていた「みそ汁」
正直、みそ汁自体は珍しくないのですが、問題はサイズ!

ごはん茶碗との対比でもお判りのように、デカい!
そのうえスパムや豚肉、レタスなども入り、卵も落としてある。
立派なおかず。
沖縄の食堂でみそ汁を頼むと、自動的にご飯もついてくることが多いです。
気を付けたいポイントですね。(写真はみそ汁定食です)

そして今回の目玉。
ヒージャーの刺身です。

ヒージャーとは山羊のこと。
そう、山羊のお刺身です。これも奥さんの大好物です。
おろししょうがたっぷりの醤油につけていただきます。コリコリとした食感が楽しいです。
クセが強そうですが、意外とそうでもないんです。
ラムよりクセはないかもしれません。刺身は!
ヤギ汁は怖くてチャレンジしていません。
地元沖縄の人でも、好き嫌いがはっきり分かれる難物です。

食堂定番のAランチ

沖縄の食堂にはたいてい、A~Cランチがあります。
で、一番上等なのがAランチ。
内容は食堂によって様々ですが、大抵写真のように揚げ物のフルコースになります。
これは那覇にある24時間営業の「いちぎん食堂」のものです。

たまにシャコ貝のお刺身なども出てきます。

 

でも一番のお気に入りは、奥さんが作ってくれた朝食です。

手作りの「ゆしどうふ」(島豆腐のおぼろ豆腐)を汁ごと温めて、
かつお出汁を入れ、沖縄名産のモズクとアーサ(アオサ)を入れたものです。
朝食はこれだけでOKです。
美味しくてヘルシー。暑い沖縄も乗り切れます。

あーまた沖縄に行きたくなってしまいました。
夏には行けるだろうか。
乞うご期待。
ではでは。