東京ラーメン日記【@新宿歌舞伎町】


こんにちは。エセラーメンブロガーの鈴木です。

 

今回は眠らない街、新宿歌舞伎町にある「焼きあご塩ラーメン たかはし」さんに行ってきました。

 

営業時間は毎朝5時まで。さすが歌舞伎町。

店員の皆さんお疲れ様です!

 

歌舞伎町の最寄駅は西武新宿駅。

この西武新宿という駅、JRや小田急の新宿駅から8分ほど離れた場所にあり、同じ駅目を冠している割に乗り換えが不便な印象を受けます。

歴史を遡ると、現在の場所は元々仮駅舎の予定で、当初の計画では国鉄新宿駅に直結する予定だったみたいなんです。

現ルミネエストの2階に西武新宿駅のホームを作る予定が、建物の長さが足りず断念した過去があったらしいです。(ちょっと残念ですね)

 

余談はさておき、

注文したのは「焼きあご塩ラーメン800円」と「白飯100円」。

 

たかはしの白飯はなんと店内精米。実際に精米室がありました!

 

ちなみに大、中、小全て100円。大は結構量があります。

 

残ったスープをごはんにかけて、お茶漬けにして食べるのがたかはし流。

それ用のトッピングも用意されています。

 

さっぱりとした和風テイストな塩味にしっかりとしたあごだしの風味が深みを感じさせます。

お茶漬けも美味しく頂きました。

 

ちなみにあごだしの「あご」って何だろうと素朴な疑問。

 

ググってみたら、「あご」は「トビウオ」のことらしいです。昆布や鰹の出汁より上品な味で深みがあることから、九州では出汁の中の高級品と言われており、「あごが落ちるほど美味しい」ことからあごと呼ばれているそうです。

「ほっぺ」じゃなくて「あご」なんですね。笑

 

そんなこんなでした。

これから暑くなってきますが、暑い日こそラーメン食べて汗かいて、日々を乗り切って行きましょう!

それではみなさんsee you next拉麺!