どうする?今後のレジ袋問題。


グルメ・お酒・レジ袋担当の深澤です。

そんなわけで、いよいよ2020年7月1日からレジ袋の有料化が始まりましたね。

レジ袋の価格の相場ですが、だいたい3円前後でしょうか。
自分は1日に1回はコンビニで買い物するので、
会社でエコバッグを使うか検討中です。
レジ袋の価格を考えるとレジ袋を購入すれば良いのではと考えてしまう自分もいます。
1ヶ月出勤すると約20日
1回当たりのレジ袋購入費3円
月額3円×20日=60円
年間でも60円×12か月=720円

袋の費用が安すぎではないですか??

ちなみに自分は、スーパーでの買い物については、
スーパーで販売しているマイバスケットを使用しております


価格は300円ほどでレジ清算時に、
マイバスケットに商品を移しながら清算していただけるので、
袋詰め作業が無くて楽です。

ただコンビニでは袋詰めはどうするのでしょうかね?
マイバッグやマイバスケットをお店に持っていって、
これに入れてくださいって言えばいいんですかね?
過去にコンビニで5年間バイトをやっていたことがあるのですが、
商品の量に合わせてジャストなサイズの袋を選ぶには結構なスキルがいるのです。
適当なサイズの袋を渡されて袋詰めを頼まれたらコンビニの店員さんは大変ですね…
コンビニ店員さんの仕事効率は間違いなく落ちることが予想されます。
ただでさえ人材不足が悩みのコンビニにとって、
結構なダメージのような気がします。
*自分が店員だったら袋詰めはお断りしたい

そもそもプラスチック製買い物袋の消費を抑えるためにすることが、
袋の有料化???
正直、素晴らしい案だとは思わないのですが動き出してしまっているので対応していくしかないのでしょう。

というわけでリベラルではエコバックのノベルティを各種取り扱っております。

この時期の暑さも気になるのであれば保冷機能付きの物も。

そもそも買い物袋をプラスチック製ではなくではなく、
紙袋にしてしまえばよいのではないでしょうか?
(安価で生産できるようにすることが課題)

今後はおしゃれな買い物バッグが色々と出てきそうですね。
以上、紙の可能性を信じている深澤でした。

サムネイル画像引用:経済産業省 https://www.meti.go.jp/policy/recycle/plasticbag/plasticbag_top.html